DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

TOEIC(R)テスト800点攻略プログラム【アルク】評価効果レビュー

alc_toeic800

    TOEIC(R)テスト800点攻略プログラムの評判を検証。TOEIC(R)テスト800点攻略プログラムの効果を体験した口コミ。TOEIC対策以外にもビジネス英語も学習できる。英語力を底上げ可能。私「でいすけ」が総合的な評価。

    TOEIC(R)テスト800点攻略プログラム【アルク】内容・評判

    TOEICで800点以上を取ると言う事は、それだけで英語ができると言う看板を背負っているのと同じ事だと言えます。

    つまり、誰もが認めるだけの英語力がなければ、TOEICで800点を取る事は難しいと言えるでしょう。

    ほとんどの企業はTOEICで800点を取ったと言うだけで「英語ができる優秀な人材」と言う判断をするでしょうし、ビジネスで英語を生かす事も難しくないと言えます。

    また、これだけの点数が取れるようであれば、トラブルがあっても問題なく対処できるでしょう。

    ですから、多くの社会人がTOEICで800点を取りたいと思っているはずです。

    しかしながら、少しくらい英語の勉強をしても、そこまでの点数は取れません。

    一方で、こちらの「TOEIC(R)テスト800点攻略プログラム」と言う教材は、そのTOEICの800点に挑戦するためにあると言えます。

    内容は、当然のようにTOEICが想定されています。

    そして、TOEICのパートごとに共通している解答方法、出題の傾向に沿った解答テクニックを学習していくようになっています。

    また、このくらいのレベルになると、全体的に学習するよりも、自分の弱点を中心に強化する方が効率的である事も十分に考えられます。

    そこで、テキストの内容は、それぞれのパートが独立した形式で構成されており、自分の弱点を強化するために必要な部分から学習していく事ができるようになっています。

    これで自身の弱点から強化すれば、それだけでもスコアアップが期待できます。

    更に、全体的な学習を行う事で英語力の底上げができるようになっており、TOEICで800点を取るために必要な知識と能力、テクニックなどを身に付けられます。

    しかも、ビジネス上では様々なトラブルが考えられるため、どのようなトラブルでも素早く適切な対処が可能になるように、実践的な英語力も鍛えられるようになっています。

    TOEICの問題では、点数に限らず、長文に対応する能力が足りなかったり、苦手だったりする方が多くいます。

    この長文をクリアするための「リーディング」と「リスニング」の能力向上が図れるのも、こちらの教材の大きな特長です。

    TOEIC(R)テスト800点攻略プログラム【アルク】体験・感想

    前半に当たる3ヶ月では、英語の基礎力を底上げしていきます。

    主に底上げされる能力は、英語の語彙力、表現する力、英語に対する瞬発力、素早く英語を理解する能力です。

    瞬発力とは、日本人が苦手とする英語で直ちに反応する能力であり、英語での即応力と考えてもらえば良いでしょう。

    また、素早く英語を理解する能力は、英文を聞いた時に、英文を最後まで聞いて日本語訳を考えるのではなく、そのままで理解していく能力の事です。

    これらの能力を底上げする事で、TOEICの800点に近づく英語の基礎を鍛えます。

    そして、後半に当たる2ヶ月では、苦手とする方の多い長文をクリアできるだけの能力を鍛えていきます。

    具体的には、文章の先にある事柄を考えながら聞いたり、読んだりすると言う能力を鍛えます。

    そうする事で、すぐに重要なポイントを理解したり、すぐに文章の要点が分かったりする能力が身に付きます。

    この能力を超速解力と呼んでいます。

    素早く読む事や重要なポイントを見つける能力は、リーディングスペシャルと言う方法で身に付けていきます。

    全体的な文章の流れを見て文章の要点を把握する能力は、リスニングスペシャルで身に付けていきます。

    それぞれは隔週のレッスンになりますが、2ヶ月の間に集中して学習する事で、ほぼ完璧に習得できると思います。

    この二段階のカリキュラムで総合的に英語力を磨いていく事になります。

    基本的な英語力が十分に底上げされると期待できる上、ビジネス英語の能力も向上すると考えられます。

    しかも、TOEICで800点を取る事も夢ではなくなるので、かなり有益な教材だと考えられます。

    実践的な学習ができて、豊富な題材で飽きる事なく、楽しみながら学習を続けられます。

    1日の学習目安も40分程度なので、TOEIC対策も無理なく行える教材と思います。

    TOEICで800点を取るために英語力が底上げできて、長文の対策として必要な能力を鍛えられるカリキュラムになっていると言う事でした。

    確かにTOEICで高得点を取るためには、長文読解がカギになると言うのは理解できます。

    ここで、どれだけの点数を取れるかによって、TOEICの結果は左右されると感じています。

    これは事実だと思います。

    しかしながら、長文に苦戦している方は少なくありません。

    それだけに、そこまで簡単に長文の対策ができるとも思いませんでした。

    実際に使ってみると、その考えも少し変わりました。

    教材自体の構成が長文対策になっていると思ったからです。

    TOEIC(R)テスト800点攻略プログラム【アルク】効果・評価

    例えば、週の頭に行う「warm-up」には学習した内容に関係する語彙の復習があります。

    また、写真について、英作文をしたり、英語を聞いて空欄を埋める選択式の問題があったりするレッスンを受けます。

    更に、オフィス内での英会話を想定して、その英会話のリスニングを行ったり、Eメールを読解したりする学習もあります。

    これは、明らかにTOEICを想定した学習内容と問題構成で、非常に実践的であると思いました。

    このような実践練習ができる問題は山のようにあるので、TOEIC対策としてはかなり優秀な教材と思いました。

    中でも、ビジネスシーンに注目した場面が想定されている事が多くあり、ビジネスで活用しやすいポイントもたくさん取り上げられています。

    ですから、TOEIC対策としてだけではなく、ビジネス英語を学習すると考えても、すぐに使えるビジネス英語を学べる事になると感じました。

    そして、最も幅広い英語力を身に付けられると実感したのが「EXERCISE」です。

    こちらでは、法律事務所や通販の広告、芸術に関する説明文など、幅広いテーマが採用されており、自分の持つ知識を総動員するだけは足りず、自然と推測する力を鍛えられるような内容になっていました。

    このような内容から考えると、決して高い買い物ではないと思います。

    身に付けられるテクニックに関しては、王道ではあるけれど、裏ワザと言う程ではないと言う感じの物ばかりでした。

    しかし、一般的によくあるテクニックだとしても、知っているのと知らないのでは大違いです。

    知らなかった方にとっては、これは重要なテクニックだと感じると思います。

    ですから、TOEIC対策をしたいと言う方が買っても損はないと断言できます。

    特にTOEICで800点を超える点数を取りたい方、ビジネス英語を鍛えたい方、仕事で英語を必要としている方などにはお勧めの教材です。

    中でも、TOEICで800点を超えたいと考えている方は、こちらに必要な情報が詰め込まれているので、TOEIC対策として購入すれば良いと思います。

    TOEIC(R)テスト800点攻略プログラム【アルク】のここをチェック!


     TOEIC対策ができる教材の中でも評判の良い物です。
     TOEICで800点を取るための英語力と解答テクニックを習得できる教材です。
     TOEICが700点台と言う方にお勧めの教材です。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆