DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

TOEICで高得点を取って自身のスキルアップに役立てよう!

    何らかの理由により転職を考えている場合、出来るだけ転職後の年収や採用確立等良い条件で臨みたいものです。これらは様々な要因により決定されますが、その中にはもちろん英語力も含まれます。ここでは有効な英語力の指標を紹介します。
     

    英語ができると就業や転職が有利に!

    &nbsp
    現在、新規就職者や転職者を採用する基準の一つに、英語力も含まれています。

    それは、現代の国際的な潮流の中、事業を海外展開するような企業への就職を希望するのであれば、尚更必須といっても過言ではありません。

    実際一部企業では、英語の資格の有無を採用基準として明記しているものもあります。

    つまり、職種によっては英語スキルの有無やそのレベル次第で、年収や採用決定の是非が左右されてしまうのです。

    資格を取るならTOEICにしよう!

    &nbsp
    現在存在する英語資格のうち、企業等の注目を集めているのがTOEICと呼ばれる資格です。

    以前までは、英語技能認定試験(通称英検)というものが主な標準になっていましたが、ある理由からTOEICに移り変わってきました。

    その理由は何かというと、英検の試験内容が主に学校教育寄りであるのに対し、TOEICはビジネスライクな内容となっている事から、より就業後実践味のある能力の有無を図るため、重宝され始めているのです。

    またこの他にも、TOEICは就職活動に限らず様々な場面で利用されており、実際公立受験では避けて通る事の出来ない、センター試験においても高スコアをマークした人が優遇されるようになります。

    但し、センター試験制度の廃止がうたわれている中、また違った形で反映されるかもしれません。

    TOEICで高スコアを目指せ!

    &nbsp
    海外で事業展開をする企業への転職等を目的とし、現状で考えられる対策の一つにTOEICで高スコアを狙う事があげられます。

    例えば、有名企業への就職や転職を目指すのであれば、800点以上のスコアを取る必要があるのです。

    この様に、目指す企業の規模が大きくなるほどまた海外へ進出しているほど、TOEICの高いスコアを要求される傾向にあります。

    TOEICを受験して企業へ自己アピール!

    &nbsp
    企業にとって人員の採用条件として、TOEICのスコアを盛り込んでいるものが沢山あります。

    そしてそのスコアは、企業が事業の展開場所として海外を選んでいるかまた規模の大きさによって、変動していきます。

    これからは、海外へ進出する企業も増えてくる事でしょう。

    つまり、TOEICのスコアで転職の成否や転職後の年収も変わってきてしまうのです。

    その事から、TOEICにて高スコアを得ておく事はこういった際の自己アピールの材料として、非常に重要になってくると言えます。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆