DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

NAFL日本語教師養成プログラム【アルク】評価効果レビュー

alc_nihongokyoshi

    NAFL日本語教師養成プログラムの評判を検証。NAFL日本語教師養成プログラムを体験した効果を口コミする。日本語教育能力検定試験に合格する事が目的。日本語教師を目指すための教材。私「でいすけ」が総合的に評価。

    NAFL日本語教師養成プログラム【アルク】内容・評判

    こちらの教材は、日本語教師を目指す方が必要なスキルを身に付けるための教材となっています。

    分かりやすい解説と実用的な学習内容で、初めての方でも学習しやすい作りになっています。

    このカリキュラムをクリアする事で、最終的には「日本語教育能力検定試験」に合格する事を目的に学習していきます。

    この検定試験は、海外で華々しく活躍するための第一歩であったり、日本のみならず、世界で日本語を教えると言う夢を叶えるための土台作りだったりするために利用されます。

    これまでにも、多くの方が自身の夢を叶えるためのスタートラインに立つために、こちらの講座を受講しています。

    そして、多くの方が「世界で活躍するため」や「自分の夢に向かって」羽ばたいていきました。

    また、日本語学校で教師として活躍したいと考えている方は、この日本語教育能力検定試験に合格している方が良いと言えます。

    なぜならば、この検定試験を採用の目安と考えている日本語学校は多く、これ以外の検定試験は判断基準に含まれていないからです。

    つまり、この検定試験に合格する事が、日本語学校で活躍するための近道だと言えるのです。

    ただし、検定試験の合格率は、およそ20~30%です。

    つまり、70%以上は不合格となってしまう狭き門なので、十分な対策をして臨まなければなりません。

    それが、こちらの教材であれば、過去の出題内容の分析を行う事で、出題傾向を十分に踏まえた上で必要な知識を学習できて、合格へと導いてくれます。

    半年間と言う非常に短い期間で高難度の検定試験に合格する事が目的ですから、とてもハードな学習内容になっている事は言うまでもないでしょう。

    分量で言えば、テキストは実に24冊もあり、CDも8枚あります。

    軽い気持ちで手を付けてられるような教材ではないと言えます。

    また、検定試験で出題される内容には、普段は見聞きしない専門用語や学術的な用語もあります。

    そのため、テキストやCD以外にも「日本語教育能力検定試験 重要キーワード集300」があり、重要な用語も完璧にマスターしていけます。

    他にも、模擬テストや対策問題集まであり、専門のスタッフが添削指導もしてくれるので、サポート体制も問題ないでしょう。

    テキストなどは「理解しやすい・面白い」と言う声が多く、図表や写真なども多く使われているので、シッカリと学習すれば、理解していく事は決して難しい内容ではありません。

    つまり、本気で取り組む事ができるのであれば、誰でも大丈夫だと言えます。

    本番の検定試験になれば、4時間もかかり、数多くの問題を解かなければなりません。

    ですが、こちらの教材では模試もあり、検定試験に慣れておく事ができます。

    それに、何と言っても受講者の50%が合格しているので、とても安心です。

    その事を考えても、こちらの教材で十分な対策をしておく方が良いでしょう。

    NAFL日本語教師養成プログラム【アルク】体験・感想

    低い合格率の事を考えると、実際に教材を目にするまでは緊張してしまっていました。

    ですが、実際の教材を見ると、拍子抜けと言う感じがしました。

    なぜならば、想像と全く違っていたからです。

    テキストを開いて見ても、とても簡単な言葉で説明されていました。

    また、図表や写真などもたくさんあって、視覚的に理解できる内容でした。

    ですから、全く難しいと感じる所はありませんでした。

    これならば、これから日本語教師の道を志す人が学習を始めても困る事はないと確信しました。

    しかも、受講生が不安にならない工夫もありました。

    先ずはこの講座だけのSNSがあって、まるで学校の教室のような雰囲気で交流する事ができました。

    それに、専任の講師に質問する事ができる「質問ボックス制度」があったり、添削指導を受ける事ができたりして、サポート体制が万全になっていました。

    これだけのサポートがあれば、誰でも不安はなくなると思います。

    NAFL日本語教師養成プログラム【アルク】効果・評価

    診断テストを返してもらう時には、解説と解答も一緒に受け取れます。

    これが非常に役立つのです。

    自分では気付かなかった弱点に気付かせてくれますし、弱点強化を見据えた学習計画を立てる事にも役立ちました。

    自分が弱い所を集中して鍛えていけるので、確実に実力を付けていけるのです。

    また、本番では数時間もかかる検定試験なので、模試で試験の形式に慣れておけば、どうすれば自分の実力を十分に出す事ができるのかを知る事もできます。

    特に、記述式の問題では添削指導を受けられるので、正しい記述方法なども身に付ける事ができて、本番でも不安なく試験を受ける事ができます。

    とにかく、教材の内容は申し分ないので、後は自分のやる気だけです。

    正直に言えば、日本語教師の道を独学のみで目指すと言うのは困難な道のりになってしまいます。

    ですから、多くの実績がある教材を使って、十分な対策をする方が良いと思います。

    もちろん、専門の学校に通うと言う事も選択肢の一つですが、自由に使える時間には限りがある方が多いと思いますので、こちらの通信講座の方が良いと思います。

    内容も申し分なく、誰でも使いやすい教材です。

    仕事で忙しい方、自分の時間があまりない方などにはお勧めの教材です。

    高い合格率の教材ですから、是非とも使ってもらいたいと思います。

    NAFL日本語教師養成プログラム【アルク】のここをチェック!


     日本語教育能力検定試験に合格するための教材です。
     専門の学校に通えない方にお勧めです。
     やる気があれば、短い期間で十分な実力が付きます!

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆