DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

3つの方法で日本から出なくても英語を身に付けられる!

    自然な英語を身に付けるとなると、一度は海外へ出向くのが最良の方法だと言えます。しかしこの場合、時間的にも多額なコストもかかり、難しいという方も多い事でしょう。そこでここでは、日本にいたままで学習する方法を紹介します。

    日本にいるままで学習するコツはこれだ!

    外国に出向いて学習するのと、日本のままで学習する場合の最大の環境の違いは、英会話をする機会の多さです。

    確かに以前と比べ、日本に外国の人は来るようになっては来ましたが、学習に役立つほどの機会とは、残念ながらいう事は出来ません。

    また学校教育事情自体、リーディングライティングに割かれる時間の方が多く、オーラルコミュニケーションの授業と言えども、単なるフレーズと表現の練習にほかならず、根本的な学習とはなり得ません。

    よって、英語を日本において身に付けるには、使う機会を自ら作り出す必要があるのです。

    日本で英語を使う機会は4つある!

    日本でありながら、英語を使う機会を作り出す方法として、四つあります。

    まず、独学でする方法です。

    テキストを用いて音読したり、シャドーイングを繰り返したりし発音する事で、イントネーションや自然なリズムを身に付ける事を、主な目的とします。

    学習を進めるうち、徐々にレベルが上がっていくでしょうから、それに見合った教材やテキスト選びをする事で、語彙数や文法等を維持する事ができより効果的なものとなり得ます。

    次に、コーヒーショップやスポーツクラブ等外国人の沢山いるところに行く方法です。

    この場合、直接外国の人と英会話する事ができかつ、外国人の友人も作る事ができるので、気軽に継続させ易いかと思います。

    但しこの場合、場所の有無も含め情報集めを自分でしなければならない事と、いきなり外国人に囲まれる状況に自ら飛び込む必要がある為、その為の少しの勇気が必要になってきます。

    しかしその少しの勇気さえあれば、後に述べる英会話スクールやオンラインレッスンに比べ、費用等も比較的抑えやすく時間も自由に設定できることから、それらに比べれば利用しやすいでしょう。

    そして英会話スクールに行く方法です。

    これは、おなじみの無難な方法といえるでしょうが、時間と多少多額のお金が必要となります。

    その反面、学習仲間同士で情報の共有や励まし合いが出来る事や、きちんと指導を受ける事ができる為、英語の苦手な人でも取り組みやすいといえるでしょう。

    また、シャドーイングや音読等の独学を合わせる事で、学習をより効果的なものとする事が出来ます。

    つまり、独学では盲点となり易い大切で些細な部分を、指摘してもらえるのでスクールが独学の、補完的役割をしてくれるのです。

    最後に、オンラインレッスンの利用です。

    オンラインである事から、実際にスクールに通校するよりは安い価格で行う事が出来ます。

    但し聞き取りとスピーク共に不得意である場合には、初級者向けを選ぶ様にしましょう。

    そうでないと、担当となる外国人講師が日本語を話す事が出来ない等といった事が生じ、学習どころではなくなってしまうからです。

    日本でも自然な英語を身に付けられる!

    日本における英語学習に対する環境は、劣悪ではなくとも十分とは言えず、特に学んだものを実際に使う演習の場が不足しています。

    よって、自分で演習の機会を作り行う必要があります。

    英会話スクールが一般例としてあげられますが、身近にスクール等がなくともオンラインレッスンや、独学でのシャドーイングや音読でも有効です。

    つまり、演習の場としては不足してはいますが、探せばあるのです。

    大切なのは、自分で能動的に演習の機会を設ける事です。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆