DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

試験等でのリーディングは純粋な読解力とテクニックが必要!

    試験等においてリーディング問題を解く際、読解力に自信はあるのになかなか点数が伸びないといったこともあり、それは回答テクニックが身に付いていない可能性があります。ここではその、回答テクニックについてお話していきます。
     

    試験におけるリーディングは特別

    &nbsp
    様々にある英文を読む機会のうち、学校における試験また資格取得のための試験があります。

    これ以外の例えば、洋書やニュースなどを読む場合には純粋に読み手の読解力が重要な要素となりますが、試験等においてはこれに合わせ回答のためのある種のテクニックが必要となります。

    このテクニックを身につけていないと、せっかく読解力があってもそれを十分に点数へと結びつける事が難しくなってしまいます。

    つまり、試験における読み取りとそれ以外の読者とでは読み方が違い、読解問題に対するリーディングは、ある意味特別なものだと言えるのです。

    必要なのは速さと大意を掴む力

    &nbsp
    では試験におけるリーディングの場合、どういった能力が必要となるのでしょうか。

    それは、早くかつ内容の基軸だけをピンポイントで読み取る能力です。

    試験の前提条件として、回答時間は限られておりその中で長文を読み設問に答える必要があります。

    こうした状況下では、全文を丁寧に読んでいる時間は無いに等しくこのことから、必要な箇所だけをピンポイントで読み取り、時間を節約する必要があるのです。

    長文を論理的に読もう!

    &nbsp
    では、必要な部分だけを見抜くには具体的にどうすればよいのでしょうか。

    それは、長文を論理的な目線で見ることで重要な部分を見つけやすくなります。

    どういう事かというと、例えば文章はきちんとしたものである程いわゆる起承転結が成り立っており、大概の質問においては文章の趣旨について問われます。

    こうした場合は、起と結にのみ着目する事で自動的に回答を見つける事ができます。

    また、提示されている長文が物語であり、登場人物の心情について問われている場合でも全体として見れば、なぜその場面に至ったのかといった理由などが必ずその前か後に書かれています。

    この様に、文章の構成に着目するまた接続詞を省く事で、本当に必要な部分がまるでスポットライトを当てたかのように、浮かび上がってくるのです。

    試験では読解力とテクニックが必要

    &nbsp
    長文を論理的に見ることで読解問題特有の難解な表現に惑わされずに済み、効率よく設問に答えることが出来るのです。

    答えのヒントは必ず本文の中に埋め込まれており、それをいかに効率よく見つける事が出来るかが、短時間で正しい答えを導き出す鍵となります。

    そのためには、洋書などを楽しむ際に読むような時間的な方法ではなく、長文を客観的にかつ論理的に見ることが、必要不可欠となってきます。

    これが出来る様になるには、普段からさまざまな分野の文章に触れなれる必要がありそのことで、自然とお題となっている長文の構成を見ぬくことが出来るようになります。

    つまり、普段から様々な本を読み読解力を身に付けつつ試験本番において論理的に分析する事により、限られた時間内で長文を読み解くことができ点数へと結びつけられるのです。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆