DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

言いたい事を直訳してはいけない!

    スピーキングのコツ。英語で考えられるようになる事が目標。先ずは日本語を全く意識しない事に慣れよう。日本語を直訳しない。簡単な英語表現で言えるような日本語にする。初心者から上級者まで使える方法。

    言いたい事を直訳してはいけない!

    スピーキングの練習をしていると、言いたい事が言えなくて、もどかしい思いをする事があります。

    例えば、こう言いたいのに、英語ではどう言うのだろうかと悩んでしまう事がありますよね。

    そう言う時の事です。

    これは、どれだけ英語学習をしてもなくなるとは限らない事です。

    しかし、少し考え方を変えるだけでグッと減らす事は可能です。

    そのために必要な事は思考回路を英語にする事です。

    簡単に言えば、日本語で考えないと言う事ですね。

    でも、日本人である以上は、簡単に英語で考えるようになる事はありません。

    長い時間をかけて訓練した結果、ようやく英語で思考する事ができるようになると考えられます。

    そこで、今回は、もう少し簡単に言いたい事が言えるようになる方法を解説しましょう。

    目標は英語で考えるクセを付ける事です。

    先ずは、何よりも目標とする事を確認しておきましょう。

    もちろん、英語で考えられるようになる事です。

    英会話で言いたい事が言えない原因の一つは、明らかに日本語で考えて英語にしている事です。

    つまり、次のような作業を頭の中でしている事が原因の一つと考えられるのです。

    先ずは言いたい事を考えます。

    次に、それを日本語の文章にします。

    そして、最後に日本語の文章を英語にします。

    このような作業をしているため、どこかで行き詰ってしまうと、英語で言いたい事が言えなくなってしまうのです。

    ですから、この変換していくステップを一つでも減らす方が、言いたい事を言いやすくなると考えられるのです。

    そこで、最初から英語で考えてしまえば、考えた事を口に出すだけで英会話ができるようになると思われます。

    つまり、英会話学習で目標とするのは、英語で考えられるようになる事なのです。

    意識しない事から始めよう!

    さて、英会話では英語で考えられるようになる事が、英語で言いたい事を言えるようになる最も良い方法だと思われます。

    しかし、急にそうなるのは難しいので、少しずつ慣れていく方が良いでしょう。

    そこで大切になるのが、日本語から意識を離す練習をする事です。

    日本語の事を意識しなくなれば、英語で考えている状態と近くなると思われるからです。

    例えば、日常生活の中でも感謝を表現する言葉として「サンキュー」と言う事もありますよね。

    友達に謝意を示す時に、軽く「サンキュー」と言う事もありますよね。

    この時、わざわざ「日本語で何と言って感謝しようか」と考えているでしょうか?

    もし相手が外国人であったとしても、感謝を示すのだから「ありがとう」と言えば良いから、英語で「サンキュー」と言おう……とはなりませんよね。

    深く考える事もなく、自然と「Thank you」と言えますよね。

    この状態では日本語を全く意識していないと考えられます。

    このようになれば、ほぼ英語で考えているのと同じ状態でしょう。

    先ずは、このようになる事を目標にして学習していけば、言いたい事が言えずに困惑すると言う事もなくなるでしょう。

    そして、初心者でもできる方法を伝授します!

    ここまでの話は理解して頂けたと思います。

    でも、このような理屈を理解していても、簡単にできるようにはなりません。

    日本語を全く意識しないで会話する事でさえも、英語学習の初心者にはとても難しいと言えます。

    そこで、もっと簡単な方法を教えましょう。

    それは考えた事を直訳しないと言う事です!

    母国語が日本語である限り、日本語で思考すると複雑な思考も可能になります。

    そのため、言いたい事も複雑な思考の上に成り立っています。

    英語で表現できないような事でも、日本語であれば、考える事も、言う事も容易いでしょう。

    つまり、思い付いた事を必ず英語にできるとは限らないのです。

    これが、言いたい事を英語で言えないと言う状態なのです。

    そうなると、考えた事を直訳できないと言う事もあると言う事になります。

    そこで、先程の考えた事を直訳しないと言う事が大切になります。

    考えた事を分かりやすい表現に変換してから英語にするようにすれば、言いたい事が言えなくて困る事もなくなるのです。

    では、例文を見て確認していきましょう。

    例えば、一人の少女について「この少女は人生を謳歌しているから果報者だよ」と言われたとしましょう。

    日本語では、このくらいの表現であれば、そこまで考えなくても意味が分かります。

    しかし、これを英語で表現しようとなると、少し考えてしまいます。

    人生を謳歌って、英語で何て言うかな?

    果報者は……何だったかな?

    英語に詳しくない人は、このように考えてしまいます。

    もちろん、英語学習をしている人の中には、このくらいの英語は簡単に訳せる人もいるでしょう。

    でも、初心者にとっては考えてしまう内容です。

    そこで役に立つのが、直訳しないと言う事です。

    つまり、直訳せずに、日本語での表現を変換する所から始めるのです。

    この場合、最初の「この少女は人生を謳歌しているから果報者だよ」と言う文章から「彼女は幸せな少女である。彼女は人生を楽しんでいる。」と言う表現にすればどうでしょうか?

    日本語だけを見れば、言いたい事はほとんど同じと言えます。

    そこで、次に「彼女は幸せな少女である。彼女は人生を楽しんでいる。」を英語に変換します。

    すると、文章は二つになりますが、文章のレベルは中学生レベルになりますよね。

    ・She is a happy girl.(彼女は幸せな少女である。)

    ・She enjoys life.(彼女は人生を楽しんでいる。)

    このレベルであれば、中学生でも表現できます。

    つまり、直訳しないだけで、言いたい事が言えるようになるのです。

    しかも、表現方法は複数考えられるので、簡単な英単語だけでも英会話に困らなくなります。

    それに、難しい事でも文章をいくつかに分ける事で簡単に表現する事もできます。

    また、この手法が使えるのは、何も初心者に限った話ではありません。

    上級者は上級者なりの利用法があります。

    複雑な表現でも簡単な英語表現にするだけで言えるようになるため、簡単な通訳くらいは可能になるかも知れません。

    使える方法なので、初心者から上級者まで身に付けてもらいたい手法です。

    最終的な目標は英語で考えられるようになる事ですが、このような方法から始める事も効果的なので、是非とも習得してください。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆