DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語学習を継続させるために避けたい5つのつまずきポイント

    最初はやる気に満ちていた英語学習。しかし続けるうちにいつの間にかやらなくなっていたという経験は多いはず。ここではそうさせる原因となる要素五つを紹介していきます。皆さんもこれらを避け英語学習を継続しましょう。

    「続かない・・・」には必ず理由がある!

    冒頭で述べた様に、最初は意気揚々と取り組んでいても気づけばやらなくなっていた…という経験をした方は多い事でしょう。

    しかし、自分ではなんとなくと思っていても続かないのには必ず理由があります。

    その理由となるものは大きく分け5つあります。

    1.動機を自分の言葉で明確化されていない

    2.自分のレベルに合わない教材を使用してしまった

    3.習慣化する前に止めてしまう

    4.目的とそぐわない勉強方法or集中していない

    5.伸び悩みによる挫折

    以下、要因別に対策法をお教えしましょう。

    1.動機を自分の言葉で明確化されていない

    勉強をしていると、自ずとぶつかるのがつまずき等の「壁」です。すんなりと乗り越えられれば良いですが大概はそうはいきません。

    そんな時、目的が明確化されていないと「何でやっているんだっけ?」という様に思い、モチベーションの低下へと繋がってしまうのです。

    そして壁にぶつかればぶつかるほど、その深みへとはまってしまい挫折へと繋がってしまうのです。

    人間、行動を起こすには何らかの動悸が必要です。

    この事から勉強を始める前に動機をみつめ再確認し、明確化するようにしましょう。

    気持ちが折れそうになった時に見られるように、ノート等に書き留めておくというのもいいかもしれません。

    頭の中だけで再確認するより、視覚化したものを見るほうが効果は高いですよ。

    2.自分のレベルに合わない教材を使用してしまった

    つまり、身の丈にあっておりかつ目的にかなう教材を使用すると良いという事です。

    使用する教材は簡単すぎても難しすぎてもいけません。苦手な分野の解説を開いてみて理解できるものを買い求める様にしましょう。

    何故なら、簡単すぎては「上達している実感」が味わえないですし実際のところ現状維持でしかなり得ません。また逆に難しすぎてしまった場合、つまずきを乗り越える事が出来ず行き詰ってしまい挫折となってしまう要因です。

    なのでまずは自分のレベルを客観的に知る事から始める必要があります。その一つとして、インターネット等で問題を探し解いてみるというのも良いです。

    また目的に合ったものを選ぶ必要があります。

    自分は英語で何をしたいのか。喋れるようになりたいのか、文章を作れるようになりたいのかまたは、洋書等を読めるようになりたいのか。それらによって最低限必要な能力が変わってきますし、自ずと必要な教材も変わってきます。

    英会話であれば、単語力(語彙数)とシチュエーション別のフレーズそして聞き取り能力、文章能力であれば、基本的な文法と同じく語彙数そして欲張るのであればネイティブらしい表現方法、英語の読解も似たようなものです。

    この様に目的に合った能力を付けるための教材を用意する必要があります。

    単語力であれば単語帳しかも、基本からであれば中学レベルまた、文法であれば自分のレベルに合った文法書そして、フレーズであればシチュエーションが絵図されたフレーズ集、聞き取りであればそれにCDがついていればそれでシャドーイングをすればOKです。

    つまり、自分のレベルに合った目的別の教材を用意する必要があるという事です。

    3.習慣化する前に止めてしまう

    勉強を始めて少し経つ頃、英語の勉強に慣れ始めると無性にやる気が起きなくなる時期が訪れます。

    これが英語の勉強が習慣化されていないうちに起きてしまうと、いわゆる三日坊主現象となってしまいます。

    これを乗り切る一番の方法は、やる気が起きなくてもとりあえず勉強を始め決めたノルマを行うという事です。

    目的を再確認するのもこの時期には有効でしょう。

    この時期を乗り切ればとりあえず、三日坊主の危機は脱します。

    習慣化するまでの期間には個人差がありますが、乗り越えてしまえば生活の一部となり逆にやらないと気持ち悪くなります。

    この状態を目指しましょう。

    4.目的とそぐわない勉強方法or集中していない

    ここまでの条件をクリアしているにもかかわらず、なかなか上達しないといった場合勉強の仕方が合わないのかもしれません。

    これらが起こりうる主な原因としては、目的と的外れなことをしているか自分に合わない教材の使い方や勉強方法を取っているのどれかに大別できます。

    先ほどあげた様に目的によって必要な能力が分かれており、それに合った教材や方略が必要になります。よって、的外れなことをやっていても目的の能力がつかないのが明らかですね。

    また、人にはそれぞれ覚えたり想起する時の傾向というものがあります。単語の暗記や問題演習に必要な回数やリスニングやシャドーイングに必要な時間等です。

    それに沿わない学習方法だと効率が悪くなってしまいます。

    よってまず、上達しないもしくは進まない場合様々な方法を実践し、自分の傾向を見つける様にする必要があります。

    また、様々な理由により集中できていない可能性も挙げられます。

    「三日坊主危機」の時期であればその時期を乗り越えれば済む話ですが、そうでない場合もあります。例えば気が散りやすい、やっているだけという場合等です。

    この場合にも、この勉強の目的はなんなのかを意識する事が大事です。

    また集中力の持続時間にも個人差がありますので、それを自分で知る必要もあります。

    つまりこれらに共通する事は、己を知るという事です。

    己の傾向を知る事で、自ずと行うべき事柄が見えてきます。

    5.伸び悩みによる挫折

    勉強というものは、比較的順調に進んでいる人でも伸び悩む時期が訪れます。

    それは自分が知らないうちに、学んできた中で穴が出来てしまっていたり、順調に来ていたが故に次のステップへ進むべくして必要な方略が変わってしまっていたりまた、ここまで学んできた事柄を頭が整理しだす時期に突入した可能性があると理由は様々です。

    どちらにせよ、こういった場合無理に次へと進まず振り返ってみたり同じところを繰り返したりする事で、原因が見えてきます。

    例えば穴であったり頭の整理の時期であった場合、復習や同じところを繰り返すうちに突破できますし、これらを試みて穴がない場合には次へのステップへ進む時期だといえるでしょう。

    とにかく心持としては、結果を焦らずどっしりと気長に構える事です。

    こういった場合焦りが空回りの原因となり負の連鎖に陥る原因です。

    目的意識とオリジナル性を持って気長に取り組もう!

    ここまで五つに大別し解説してきましたが、ここまでの事を無理やり一言で表すなら、

    動機をはっきりと意識し自分に合った教材を使い、オリジナルの勉強法で気長に取り組むといったところでしょう。

    勉強はやればやった分だけ自分に返ってくるものです。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆