DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語学習を失敗しない!教材選び前に確かめたい3つ

    現在、英語学習のための教材は様々なものが販売されており、その中から自分に合うものを探し出さなければなりません。ここでは、英語をきちんと身に着ける為に、教材探しの前に押さえるべき3つの事を紹介します。

    3つを明確にして英語を自分のものに!

    英語の必要性が高まっている現在、様々な理由から英語を学ぼうという方は多いでしょう。

    せっかく勉強するからには、きちんとものにしたいものです。

    それには以下3つのポイントを再確認し、自分の中で明確化する必要があります。

    目標を具体的にして必要なレベルを再確認

    まず、動機を具体的なものにします。

    海外旅行なのか、洋書を読む事なのか、はたまた仕事における取引なのかといった具合です。

    こうすることで、使う場面をはっきりイメージする事ができ、どのぐらいのレベルまで自分を引き上げる必要があるのかを、明確化する事が出来ます。

    そして、明確化した動機から自分に必要な英語レベルを見出します。

    例えば海外旅行であれば、簡単な日常会話レベルですから最低中学校レベルが必要となり、更に本格的な英会話を望むのであれば、大学入試レベルと言えます。洋書であれば分野にもよりますが、それこそ大学卒業レベルが必要と言えます。

    この様に、動機を具体的にそれに基づいて必要なレベルを特定する事が、教材選びの一助となります。

    また目標を明確化する事で、学習過程におけるモチベーションの維持にも、役立てる事が出来ます。

    目標達成の為には何を学ぶべきか考えよう

    一言に英語といっても、場面場面によって必要なスキルが異なります。

    先に上げた例に合わせて考えるとすれば、海外旅行であれば主に、基本的な日常英会話や買い物時の値札や商品紹介といった事が読め理解する必要があり、日常会話では聞き取りと話す能力が必要となります。

    また洋書であれば、相応のレベルの英語を読める様にならねばなりません。

    この様に、自分が英語を使うシチュエーションに合わせ、必要なスキルを「リーディング」「ライティング」「リスニング」「スピーキング」から選択し、力をつけていく必要があります。

    また、必要なスキルが明確化されることで、よりピンポイントで教材を選ぶ事が出来る様になるので、効率よくかつ現実味のある学習をする事が出来る様になります。

    何年も英語学習と付き合う覚悟をしよう

    例えば、ビジネスであれば1カ月後には英語が必要だという事もあるかもしれません。

    しかし、英語をきちんと着実に自分のものとするには、一長一短ではいかないものでましてや、1か月なんてもっての他です。

    英語に限らず語学全てに言える事ですが、毎日決めたことをコンスタンスに長く続けるといった事が、実際に役立つ英語を身に着ける最良の方法といえるでしょう。

    即ち、同じ繰り返しを何年も続ける腹を決めなくてはいけないという事です。

    自分のレベルと目的に沿った教材と覚悟を持って学習しよう!

    この様に動機は何であれ、英語が必要な場面に応じて必要とするスキルは異なり、また自分に合った教材を使用しても、ある程度の期間が必要です。

    このことを肝に銘じ、教材を選び学習を進める事で、より実践実のある英語力を身に着ける事が出来ます。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆