DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語学習は諦めなければ必ず話せるようになる。

    諦めなければ話せる英語。英語学習の努力をやめない事が大切。英語の上達を感じない時は?英語学習は休んでもやめない事。努力を続けると英語が上達する。英語上達のコツとは?東大生よりも英語ができる?

    ネイティブスピーカーを除いて、英語が話せるようになった人と言うのはどう言う人だと思いますか?

    それは、英語学習を諦めなかった人と言えます。

    才能があった人でも、英語の能力があった人でもありません。

    例外なく、最後まで諦めずに努力できた人なのです。

    ですから、英語ができるようになりたいのであれば、最後まで英語学習を諦めずに努力を続ける事が良いと言えます。

    ですが、これは英語だけの話ではありません。

    世界の最高峰で戦うアスリートでさえ、血の滲むような努力をしています。

    つまり、どのような分野でも努力した者だけが成し遂げるのです。

    これはある意味では当然の事なのですが、意外と忘れてしまう事です。

    何か学習をしていると、どうしても上達していない気がする時が訪れます。

    何の成果も感じられないと、意欲をなくす事にもなりますし、学習を避ける理由ばかりを探してしまう事にもなります。

    何となくやりたくない、時間が取れない、他にする事が……など、余計な事を考えてしまいます。

    これは自分の努力が報われない事から目を逸らすための行為であり、誰にでもある事です。

    誰かに言われた訳でもないのに成果ばかりを求めてしまうからでもあります。

    そう言う時は、努力の成果を考えると同時に、その成果の集大成である目的を考える事が効果的になります。

    どうして英語学習を始めたのですか?

    英語を習得して何をしたいと思ったのですか?

    その事も一緒に思い出してください。

    改めて英語学習の目的に目が向く事で、学習意欲がわくはずです。

    そうすれば、成果がない事から目を逸らすような事も考えなくなるでしょう。

    そして、スタートラインの自分と比べて、何ができるようになったのかを思い出してください。

    英語学習では必ず努力が報われます。

    ちょっとした事でも結果は出ているはずです。

    これができるようになった、あれもできるようになったと考えていけば、成果が出ていないと言う考えに囚われる事はなくなるでしょう。

    このように考えるだけでも、英語学習に対するモチベーションアップになるはずです。

    学習を続けている間は、目的に少しずつでも近づいています。

    ですが、学習を諦めてしまっては、もう目的に到達する事はなくなり、それまでに積み上げてきた事の全てがムダになってしまうのです。

    英語学習の道のりを一気に駆け抜ける必要はありません。

    少しずつでも歩き続ける限りはゴールに近づいています。

    もし休んだとしても、歩みを止めなければ必ずゴールに近づきます。

    ですが、歩みを止めた瞬間、ゴールにたどり着く事は絶対になくなります。

    ですから、英語が上達するコツは、もし休んだとしても絶対にやめない事です。

    どんな事でも、一朝一夕に結果は出ません。

    時間をかける事で、初めて結果につながるのです。

    ある時、突然英語を話せるようになると言う魔法のような事は絶対にありません。

    一つ一つの積み重ねが英語を話せるようにしてくれます。

    すぐに上達しているように感じなくても、少しずつでも進んでいるのが英語学習です。

    ほんの少しの努力でも、その分だけゴールに近くなるのが英語学習の道のりです。

    塵も積もれば山となる……つまり、どんなに小さな物でも、それを集めれば大きな物になると言う事を常に意識しながら英語学習を続けましょう。

    小さな一歩を続ける事で、やがて英語学習と言う長い道のりを制覇できるのです。

    そのためには「絶対に諦めない志」と「努力を続ける事」が大切になってきます。

    諦めない志がなければ、成果を感じられない事で全てを投げ出してしまうでしょう。

    努力を続ける事ができなければ、すぐに学習する事をやめてしまうでしょう。

    できるまで諦めないでください。

    最後までやり抜いてください。

    英語が話せるようになった人は、諦めずに最後までやり抜いた方ばかりです。

    苦労もなく英語を習得した人はいないのです。

    諦めるか、それとも最後まで続けるのか?

    この選択を迫られた時、あなたが出す答えはいつも同じはずです。

    英語学習だけの話ではありません。

    諦めると言う選択肢を選んだ人は、どのような事でもすぐに諦める性格の人です。

    逆に最後までやり抜ける人は、どのような事でも最後まで責任を持ってやり抜く事ができる人です。

    なぜならば、努力しても結果が出ない事はたくさんありますが、英語は努力すれば必ず結果が出るからです。

    努力すれば結果が出る物を諦めるようであれば、結果が出ない物を続けられるはずはありません。

    諦めずに最後まで続ける事ができれば、英語に関しては東大生に勝る可能性も十分にあります。

    英語を勉強してきた東大生でも、英語を話せる方は多くありません。

    いえ、学校で英語を勉強してきただけであれば、ほとんどの東大生が英語を話せません。

    頭の良し悪しを考える必要はありません。

    最後まで諦めないで続ける事が英語では重要なのです。

    その事を肝に銘じて、英語学習に取り組みましょう。

    さて、英語に関しては東大生に勝る可能性があると言いましたが、これは本当だと思いますか?

    そんな事はない……と言い切れませんよね。

    東大生の頭脳が良いのは間違いないでしょう。

    ですが、海外の方は頭の良し悪しに関係なく英語を話していますよね。

    そうなると、東大生のように頭が良くないとしても、英語が話せない東大生よりは英語が堪能になる可能性は十分にあると思いますよね。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆