DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語学習のためのノート作りは自分のレベルにより異なる!

    英語特に単語や熟語等を覚える上で、有効となってくるのがノート作りです。しかし、やり方を一歩間違えてしまうと、効率の悪いものとなってしまいます。ここではそうならない為の、ポイントを紹介します。

    ノートはただ作ればいいものではない!

    学生時代英語を学ぶときによく言われたのは、ノート作りの大切さであり人によっては、先生に提出させられた思いでもある事でしょう。

    確かにそれはある程度の意味はあります。

    それは書く事で英語に慣れやすくなる事と、アルファベットやスペルの練習になるといったこと、そして手を動かす事で覚えやすくなる位です。

    目的としては、それ以上でもそれ以下でもありません。

    しかし、むやみに例文を書いたりするだけではその効果も薄らいでしまいます。

    そうならない為には、単語や表現の確認であれば使われるシチュエーションを意識し、書き込むべきだと言えます。

    何故なら、英単語と結びつけるべきなのは日本語ではなく、その指すイメージだからであり、日本語と英単語の単純な丸暗記は避けるべきだからです。

    初心者はテキストの英文すべて写そう!

    初心者や中学英語からやり直す必要がある場合、テキストに出てくる英文全てをノートに書き写しましょう。

    例文として書き写し、そこに自分なりに単語の意味や補足を書き込む事で、それだけで学習を完結させる事が出来る様にするのです。

    そうする事で、何度も書き込む事を通し、英文に慣れる事もできかつ基礎であるほど陥りがちな、理解しそびれる事を防ぎやすくなりまた理解をより深める事が出来ます。

    ここでしっかりと、英文に慣れ意識しなくても英語をかける様になる事で、先に進んだ時に学習がしやすくなります。

    高校レベル以上ならピンポイントで作る!

    高校レベルまで確実に言っているのであれば、基礎はきちんと固められている証拠ですので、わからない分だけ書き写しノートを作るだけで良いでしょう。

    逆に全部書き写すのは、時間も労力も必要で単純作業化しやすく、やる気の低下につながりやすいものです。

    基本的な事柄がきちんと身についていればある程度は、自分の力で学習を進めやすくなっているはずです。

    かといって、新しい部分が出てこない訳でもなくどうしても、ノート無しでは意味がとりずらかったり、理解しづらかったりする事もあります。

    こういった時は、ノートに分からないところを書き写しわからない単語と、その意味や自分なりの例文や辞書の例文を引用する等して、ノート作りをすると良いでしょう。

    こうする事で、英単語や構文の意味と使い方をしっかりと確認する事が出来ます。

    自分のレベルに沿った学習用ノートを作ろう!

    必要とする学習用ノートの活用法は、レベルにより異なります。

    やらなくても人によっては、学習を進めづらいものとしますし逆に、必要以上のものを作る事は、やる気と時間の無駄遣いとなってしまいます。

    その事から、自分のレベルにあったノート作りが効率的な学習をサポートしてくれるといえるでしょう。

    この時に、単語であれば写した文とは別に、自分で例文を作り書き込む事でより、実際に使いやすい知識とする事が出来ます。

    これはどのレベルにも、共通する事です。

    またもしノート作り自体が億劫で、その事が学習に取り組む阻害となってしまうのなら、同じテキストや参考書を、二つ購入しその一方を書き込み即ちノートの代わりとしても良いでしょう。

    学習ノート作りをうまく活用すれば、効率よく構文や単語等の学習を進める事が出来ます

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆