DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語学習に年齢は関係ない事を理解しておこう。

    英語に年齢制限はない。英語のスタートラインは誰でも同じ。英語には年相応の学習の仕方がある。英語はコミュニケーションツール。英語学習を始める前に諦めるな。英語学習を左右するのは情熱と時間である。

    さて、何かを始める時に多くの方が気にするのは年齢です。

    もちろん、年齢制限がある事であれば別ですが、そこまで年齢を気にする必要があるのでしょうか?

    例えば、体力勝負のスポーツ選手になりたいと考える場合は、やはり若い時でなければ難しいでしょう。

    年齢を考えて、時には諦めると言う選択肢も仕方がないと言えます。

    ですが、英語学習に関しては体力的に厳しいと言う事はありません。

    また、頭を使うだけですから体力が衰えていても無関係ですよね。

    それなのに、年齢を言い訳にして英語学習をしないと言うのは、年齢にかこつけて英語学習から逃げているだけです。

    いくつから始めても良いのに英語学習をしないのは損ですよ。

    勿体ないとは思いませんか?

    諦めるのはいつでもできる事です。

    ですが、何かを始めるために一歩を踏み出す事は誰にでもできる事ではありません。

    誰もが同じ所からスタートできるのが英語です。

    ハンデも有利不利もありません。

    誰もが同じ条件で学習する事ができます。

    もちろん、若ければ、集中力も記憶力も良いと言う事はあるかも知れません。

    ですが、歳を重ねているからこそ分かっている事もあります。

    効率的なやり方も多くの経験もあります。

    年相応のテクニックは若い方には真似できない物があります。

    金銭的な余裕がある事も生かせるはずです。

    何かをする時に年齢を言い訳にしてはいけません。

    英語は日本語と同じで言葉です。

    この言葉を使って人とコミュニケーションを取る訳ですから、人との付き合い方を多く経験している方が有利なのは考えるまでもない事です。

    大切なのはコミュニケーション能力だと言う事を理解しないまま、ただ学校の授業であったから英語は学問だと考えてしまっていませんか?

    そうであるならば、英語が学問でない事を再認識するべきです。

    英語は言語です。

    人と付き合うために使う「コミュニケーションツール」です。

    海外の方は英語を日常生活の中で使い、難しい事と言う意識を全く持たずに使っています。

    しかも、英語を話している方の中には、あなたよりも年上の方もいるはずです。

    例えば、自分の年齢が50歳だとしても、それ以上の方は海外には山のようにいますよね。

    その方たちも、何の苦労もなく英語を使っています。

    それよりも年下なのに、年を取ったから英語が学習できないと言うのは失礼ではありませんか?

    こう考えても、年齢的な事が原因で英語学習が上手くいかないと言うのはほとんどないと言えるでしょう。

    否定的な事を考えてしまうのは、どんな事にも悪影響があります。

    ですから、年齢的に難しいと思わずに、年齢は関係ない、自分にもできると考えるようにしましょう。

    英語学習は何歳から始めても、やる気次第で必ず成功すると言えます。

    始める前から弱気にならず、自信を持って行動しましょう。

    そうしなければ、必ず損をする事になってしまいます。

    先ずはやってみて、それでもダメだとすれば、仕方ない事だと思えますよね。

    ですが、やってみなければ、必ず後悔する時があります。

    先程も言いましたが、諦める事はいつでもできます。

    始める前に諦めるくらいであれば、できない時に諦めても同じですよ。

    しかし、始めてみなければ成功する事はあり得ませんよ。

    そして、年齢を言い訳にする方は最大の勘違いをしています。

    英語学習で結果を左右するのは年齢では絶対にありません。

    必要な時間をかける事と英語学習への情熱が英語学習の結果を左右するのです。

    ・どれだけの情熱を持って英語学習ができるか?

    ・どれだけの時間を英語学習にかけられるか?

    この2つの方が年齢よりも重要な事だと言えます。

    情熱と時間があれば、英語学習は何とかなると言っても良いくらいですよ。

    と、これだけ真剣に説明しても分かりませんよね。

    ですから、情熱と時間が英語学習の結果を左右する事を丁寧に説明してみましょう。

    と言う事で、次回は情熱と時間が大切な理由を解説していきましょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆