DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語初期学習における日本語をうまく活用するポイント!

    英語初心者や苦手な人にとって、学習を進める上では日本語は欠かす事が出来ません。しかしその日本語の使い方を一歩間違えると、英語の上達がしづらくなる場合があります。ここではそうならない為のポイントを紹介します。

    今までの和訳は英語上達を阻んでいた!?

    私たち日本人のほとんどが中高で学習する訳し方は、主に後ろから訳す方法です。これは自然な日本語にする事に重きが置かれており、英語ならではの語順や意味の捉え方を身につけるには、適さないと言えます。

    何故なら日本語の語順と英語の語順は、全く異なるからです。

    この方法で癖付けをしてしまうと、語順の変換というひと手間を挟まなくてはならない為、スムーズに英語を用いる事が出来なくなってしまいます。

    つまり日本語と全く異なる言語を、無理やり日本語に近づけようというのですから、純粋に英語を学習するとは言えません。

    逆に、遠回りな道だと言えます。

    ではどうすれば良いかを以下で述べていきます。

    英語ならではの語順で訳せ!

    私たちが普段意識せずに用いている日本語は、主に理由や説明となる修飾部その次に主語そして動詞という語順になっています。文によっては、修飾部と主語が逆になります。

    例を挙げれば私は一杯の水を飲むという文や、彼女の友達の料理はおいしいといった具合です。

    一方英語はというと、主語動詞修飾部(理由)の語順となります。

    先に上げた例文を英訳すると、I drink a glass of water.とwhose her friend makes are delicious.です。

    これを冒頭で挙げた後ろから訳す語順にあえてすると、I a glass of water drink.とher friend makes whose are delicious.であり、不自然である事が明らかになります。

    つまりこの状態で英訳しようとすると、英語としてはとても不自然なものとなり遠回りとなってしまいます。

    その為、英語を使う時には英語の語順で物事をとらえる癖付けをする事が、大切になってくるのです。

    意味のまとまりを意識して訳そう!

    英語ならではの語順で訳す時、無理に細かく分解する必要はありません。

    単語ごとに訳すより、セットになっているものはセットで覚えてしまった方が、効果的に学習してしまう事が出来ます。

    例えばI am Japanese.を分解して訳すと、私・~は・日本人となりますが、I am は一つで私はとなるため、一つの塊としても良いという事です。

    但し、単語ごとの意味はそれとして覚えておきましょう。そうでないと、決まったセット以外で出て来た時に分からなくなってしまったり、些細だけど大きな間違いをしてしまったりする原因となってしまいます。

    言語こそ郷に入らずんば郷に従え

    日本語と英語はともに言語ではありますが、その成り立ちは異なるものです。

    よって同じ考えで捉えようとする方が不自然なものとなり、かえって習得を阻害する事にもなってしまいます。

    ならばいっそのこと割り切って、英語ならではの語順で慣れてしまった方がより、使い勝手の良い英語を習得する事が出来るでしょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆