DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語上達のために必要なのは基本的な学習の繰り返し!

    初心者や苦手である人ほど、英語の上達には何か特別な事が必要だと思うかもしれません。しかし、以外にもやるべきことに何ら特別性はないのです。違いとすれば、目的別のスキルの組み合わせぐらいなのです。

    英語上達の為にやるべき事は皆同じ!?

    英語を使いこなす人を見ると、自分との歴然とした違いに、何か特別な勉強法があるのではと思いたくなります。

    しかし、実をいうとやるべき事は誰しも同じであり違いは、それを実行できるか否かだけなのです。

    違いとすれば、目的に沿ったスキルの組み合わせとやるべきことを実行するために、学習法をカスタマイズできるかといったところなのです。

    やるべき事は必要なスキルで決まる!

    では、やるべき事とはいったいなんでしょう。

    それは、スキル別に異なります。

    英語は主に、リーディングとライティングそしてスピーキングとリスニングに分けられ、これを基にスピーキングが加わります。そして、これに共通する必要スキルとして文を作る為の、文法に関する知識があります。

    そしてそれぞれに適した学習法が存在します。つまりそれがやるべき事なのです。

    リーディングであればとことん何度も読む、ライティングとスピーキングであれば書いたり読んだり、リスニングならこれに加え単語を覚えたり、文法を理解し覚える必要があります。

    こういったスキル別の地道な作業の積み重ねが、重要となってくるのです。

    学習方法は自分流にカスタマイズ!

    先に上げた事柄を、目的とする行動別に組み合わせて学習する必要があります。

    しかし裏を返せば、これらをこなす事が出来ればよいのでその方法は、自分の生活や性格に合わせたもので良いのです。

    例えば英会話であれば、リスニング力とスピーキング力そして単語力と文法的知識を要します。これらの為には、単語を覚え文法書を読みとにかく聞き言葉に出す必要があります。

    しかしこれらをする手段は様々です。

    例えば机に向かいがっつりとやるのも良いですし、スキマ時間にちょっとずつやるのも良いでしょう。

    但し、暗記ものは反復を要する為ちょっとずつやるほうが良いでしょう。

    方法は自己流!だけどやるべき事は同じ!

    この様にやるべきことは決まっているといっても過言ではありませんが、それをする方法は自分に合わせる必要があります。

    何故なら、自分に合った方法でなくては続ける事が難しくなってしまうからです。

    そこの工夫をするところが、あなたの腕の見せ所です。

    もしそこが皆目見当がつかないのであれば、自分の生活パターンを書き出してみたり、こういう状況では自分はどう感じるのかを、想像しそれに基づいて考えてみたりすると良いでしょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆