DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語を身に付けるなら会話表現と文法学習をバランスよく行おう!

    単純な日常英会話ならともかく、きちんとした英会話力を身に付けなければ、私たちが日本語で行っている様な、日常会話をする事は出来ません。

    ここではそういった、きちんとした英会話力をつけるためのポイントを紹介します。
     

    文法中心と会話中心の特徴を知ろう!

    &nbsp
    現在英会話を学ぶ術としてうたわれている方法は主に、文法中心と会話力中心の2つに分かれています。

    そしてよく言われているのが、どちらの方法が正しいのかということですが、勉強法に正しいも正しくないもありません。

    大切なのは両者の特徴を知り、活用することです。

    英文を正確確実に理解し作れるようになるなら英文法重視

    &nbsp
    英文法は例えるなら、英文を作りにあたっての法則やルールのようなものです。

    なので、文法をきちんと理解し覚える事で翻訳や読解といった、リーディングにあたっての理解や英作文を、正しく確実に行うことが出来る様になるのです。

    その一方この勉強法は、理屈的なものに強い方は別として、大概は初心者にとって抽象的であり難解に感じやすいものだと言えます。

    それは、日本における英文法の参考書が、専門用語を多用している事も一因として挙げられます。

    直感的に英語を使いたいなら英会話重視!

    &nbsp
    こちらは比較的、初心者であってもなじみやすい方法だと言えます。

    それは、具体例から入る事で実際の英語をイメージしやすいからです。

    また、感覚的にこういった時にはこうするといった、英語を使うための能力を養う事ができます。

    いわゆる、理屈でなく体験したほうが早いといった方向けでしょう。

    そしてこの方法は、本来人が言語を習得する上で踏まれるべきプロセスに、より近いものだと言えます。

    つまり、赤ちゃんが母国語を使えるようになるのは、身の回りの大人たちが使っている様を、自然と感じ学んでおり、会話重視で英語を学ぶ方法は子に近い状況となるからです。

    しかし、この方法だと一歩やり方を間違えてしまうと、英語に関する知識が恣意的なものとなりすぎ、不安定で実践味の無いものとなりかねません。

    純粋にこの方法でのみ学習を進めるとなると、例文からその法則性を感じ取らなければならず、それがもし誤った法則性であった場合、正しくない英語を身に付ける事に繋がってしまうからです。

    理屈と直感をバランスよく養おう!

    &nbsp
    より実践的な英会話力を身に付けるには、きちんとした総合的な英語力を必要とします。

    それには、理屈で考える文法的知識による正確性と会話表現により養われる直観性の、両方が重要になってきます。

    何故なら、相手の言っている事を聞きながら理解しそれに対する返答を瞬間的にかつ正確に、文を組み立て発する必要がありその繰り返しだからです。

    つまり、文法重視と実践重視は互いに双方的な関係にあると言えるのです。

    こうする事で、よりしっかりとした英会話力を身に付ける事ができます。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆