DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語を話せる様になるなら3つのことに注意して学習しよう!

    英語を話せる様になると、海外の人ともコミュニケーションをとれるため、より自分の見識を広める事ができます。このスピーキング力を初心者が効率よくつけるには、3つのポイントをおさえる必要があります。
     

    スピーキングの要は3つ!

    &nbsp
    英会話をするにあたり、スピーキング力はリスニング力に並び重要な要素の一つです。

    スピーキング力をしっかり身に付ける事で、こちらの言いたいことが伝わりやすくなり、より円滑にコミュニケーションをとる事ができます。

    こういったスピーキング力を初心者が身に付けるにあたり、3つのポイントに留意する事で効率的に習得する事ができます。

    それは、発音及びインプットとアウトプットです。

    以下ではそれぞれについて紹介していきます。

    正確な意思伝達は正しい発音から

    &nbsp
    相手にきちんと自分の英語を認識してもらうには、こちらが正しく発音できる必要があります。

    ちなみにここでいう正しい発音というのは、ネイティブライクな発音という事です。

    というのも、日本人が独学で発音を学ぶ場合いわゆる日本語英語的な発音と、なる傾向にあります。

    それは、発音を理解する手段として発音記号とカタカナによるルビという手段に限定されており、それぞれ正確な発音を身に付けるにはどうしても恣意性を有しているのです。

    どういう事かというと、まず発音記号に関して言えば確かに正しく理解し身に付ける事ができれば、英語固有の発音というものを知る事は出来ます。

    しかしだからと言って、それを発音できるかというとそうとは言えないのです。

    何故なら発音できるには、それぞれの発音に対応した口や舌の動かし方というものがあり、それらを再現出来ねばならないからです。

    また発音記号の理解度についても、学習者によって差が出やすい傾向があります。

    そしてこれに加え、発音記号にかわりカタカナによるルビが降られる場合が多々ありますが、これも英語固有の発音をそのまま理解する妨げになりかねません。

    つまり、RやLまたthといったものの発音はカタカナでは表しきれない為、間違った発音として身に付けかねないからです。

    これらの事から、独学において発音を身に付けるに当たっては間違った発音を身に付けやすい傾向にあるので、この事に留意して学習を進める必要があります。

    英単語と文法学習もしっかりと行おう!

    &nbsp
    発音がしっかりできたら次は、単語力と文法力を養う必要があります。

    英会話においては、あまり文法的なものは必要ないといわれることもありますが、それが文法を軽視して良いという事と直結するわけではありません。

    何故なら、文法というのは文を組み上げる上でのいわば、ルールの様なものですのでこれが基準となり、相手もこちらの話す内容を理解していくからです。

    よって、文法が理解できてこそ相手に伝わる内容の英文となるのです。

    ただし文法が不要と言われるゆえんの一つでもある、英会話にだけで使われる慣用句という存在も忘れずに意識する必要もあります。

    これに加え、語彙力の獲得も重要です。

    当然ながら、並べる順番が分かっていても単語が分からなければ、文を作りようがないからです。

    よって、積極的に単語力と文法力をつけていく必要があります。

    演習をして初めて完成!

    &nbsp
    日本人が実際に英会話をしようとすると、途端に言葉が出なくなる場合が多いものです。

    実をいうとこれは、実践経験の不足により生じる状況なのです。

    というのも、日本の学校における英語教育においては、試験対策に重点が置かれておりそれらは、リスニングやライティングに重点が置かれています。

    しかし実際に英語がとっさに口から出る様になるのには、こういった事に加え口から出す練習というものが必須となるのです。

    どういう事かというと、人は何かを思い出すとききっかけとなるものが必要です。

    例えば文法学習であれば、現在進行形はbe+ingという様に覚えますが、実際にそれを使う時には自分の言いたい事やシチュエーションから、be+ingを導き出すはずです。

    そしてこうした事が出来る様になるには、その思い出し方に慣れるための練習が必要になってくるのです。

    しかしこの一方で、今の日本の現状では演習の機会に恵まれているとは言えず、能動的に作り出す必要があります。

    そこでおススメなのが、様々な場面を想定したシミュレーションです。

    こうする事で、場面や言いたい事からこれまでに学んだ知識を引きずり出す練習が出来るので、とっさに口から英語が出やすくなるのです。

    英語が話したいなら三工程を踏むべし!

    &nbsp
    英語を話せる様になるには、正しい発音と文法的語彙的知識そして、実践的な経験が必要になってきます。

    裏を返せば、この三つの事を意識し学習を進める事で、しっかりとスピーキング力を身に付けられるのです。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆