DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語を話せる様になりたいなら失敗を恐れるな!

    スピーキング力を上げるには、実践的な演習は欠かせません。しかし、失敗を恐れるあまりそれが出来ていない日本人が多いものです。ここでは、過度な失敗への恐れがスピーキング力獲得の、妨げになる事について紹介します。
     

    失敗を恐れすぎると上達の妨げに

    &nbsp
    英語を話せる様になるには、もちろん単語や文法的な学習そして、発音について学ぶ必要があります。

    しかしこれだけでは十分とは言えずこれに加え、実践的な演習も重要な役割を果たします。

    というのも、英語が口から出る様になるには状況や言いたい事から使うべきセンテンス等を、とっさに選択できる必要がありそれらは学習時になされるプロセスと逆の処理が行われるからです。

    例えば、文法的なものに関して言えば学習時では文法用語とその内容を結びつけるように覚えます。

    しかし実際に使う時には、その状況や言いたい事から使えるものは何か、というように考える事でしょう。

    この様に、使う時のプロセスを頭の中に作る為に演習が必要となってくるのです。

    しかし現状の日本では、演習の機会は十分に用意されているとは言えず、自ら作り出す必要があります。

    またこれは、比較的完璧主義的な日本人の気質からか、最初から完全性また完璧性を求めるあまり、せっかくの演習の場であっても言葉が出なくなってしまう人が多い事も上げられます。

    確かに発音やイントネーション等については、英語元来のものを習得し利用する事で、相手へ伝わりやすいものとなるので軽視はできません。

    だからと言って、学習し始めからいきなり完璧にできるわけでもなくそれは、演習にも当てはまる事です。

    よって出来ないからこそ演習をするのですから、初めは間違いを気にせずどんどん英語を話していく事が、スピーキング力上達の秘訣でもあります。

    まずは話のネタで堂々と勝負しよう!

    &nbsp
    英会話本来の目的は、コミュニケーションにあります。

    相手の話す内容が理解でき、こちらの意見を伝える事ができればそれでよいのです。

    相手にとって興味の湧く内容等であれば、聞き取りづらく分かりづらくても、きちんと聞いてくれますし積極的な印象を与える事ができます。

    なので失敗を恐れず、また失敗してもそれに臆する事のなく堂々と、大きな声でかつ、発音や文法等に自信がないのであれば、キチンと話すネタを事前に用意してのぞむ様にすると、意外とうまくいくものです。

    大切なのは繰り返すこと!

    &nbsp
    始めは、発音やイントネーションまた文法が間違っていても、気にせず英語を話していきます。

    そしてそれを繰り返すうちに、徐々に発音やイントネーションそして文法を正しく出来る様になっていき、当初に思い描いていた理想的なスピーキングが出来る様になるのです。

    なので大切なのは、失敗を恐れず英会話の経験を積むことでありそれが、効率的な学習法でもあります。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆