DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語を自然に身に付けるには日常生活で英語を使おう。

    効率的な英語学習の方法。英語を日常生活に取り入れる。周りにある英語は少ない。英語習得のカギは?英語圏の生活を真似る。日本語から英語にしてみる。疑似的な英語圏の生活で英語学習する。学習時間の確保方法。

    英語学習をすると言っても、学習できる時間には限界がありますよね。

    学校に通っている方や仕事をしている方など、事情は様々だとしても、少なくとも起きている時間の全てを英語学習に充てる事ができる方はいないと思います。

    そうなると、英語学習を決められた時間で効率的に行う事が大切になります。

    では、どうすれば良いと思いますか?

    先ずは日本語で考えてみましょう。

    日本語を話せる人は、日常生活の中で日本語を使い、日本語に囲まれた生活をしています。

    日常生活の全てに日本語が関係しているので、忘れてしまうと言う事はあり得ません。

    日本語が話せなければ、様々な事ができなくなり、かなりの不都合が生じる事になりますよね。

    ですが、これは日本語だけではありませんよね。

    英語が話せる人も、自分の周りにあるのは英語ばかりです。

    英語に囲まれた生活をして、英語がなければ不都合が生じてしまうので、英語を話せるようになっているのです。

    また、決して忘れてしまう事もないのです。

    簡単に言えば、英語を自然と話せるようになるためには、日常生活レベルで英語が入り込んでいる必要があると言う事です。

    これが英語習得のカギと言えます。

    と言っても、自分の周りにある英語と言うのは限られていますよね。

    そこで、英語圏の事を少し深く考えてみる事から始めましょう。

    英語圏に住む方は、私たちが日本語を使うように英語を使っています。

    ですから、自分の周りにある全ての物が英語になったと考えてみれば良いのです。

    英語圏での生活=日常生活の全てが英語の環境

    こう言うイメージですね。

    つまり、自分の日常生活の中で英語にしても問題ない部分を英語にする事ができれば、疑似的な英語圏の生活になると言えます。

    そうすれば、日常生活が英語になるので、自然と英語が身に付く環境に近くなると言えます。

    もちろん、これだけで完璧ではありませんが、少なくとも英語を自然と身に付けやすい環境になると言えます。

    これは効果的でもありますが、英語圏の生活を完全に再現する事はできないとも言えます。

    しかし、可能な限り英語を日常生活に取り入れる事は英語学習では効果的なので、積極的に英語を取り入れる方が良いでしょう。

    どうしても英語にできない部分がある事は確かですから、自分が取り入れられる範囲をよく考えて、英語に切り替えるようにしてみましょう。

    具体的な例を挙げておくので、参考にしてください。

    「情報関連」

    ・テレビで二か国語放送がある場合は英語で視聴する。

    ・通信端末は英語表示に変更する。

    ・新聞は英字新聞にする。

    ・海外サイトを参照する。

    「趣味関連」

    ・洋楽を聴く。

    ・映画は洋画を英語のままで見る。

    ・海外書籍を購入して読む。

    ・英語の歌をカラオケで歌う

    「交流関連」

    ・友人との会話を英語にする。

    ・外国人の友人を作る。

    「その他」

    ・英語で日記を付ける。

    ・できるだけメールは英語にする。

    これ以外にも英語にしても問題ない物があれば、積極的に英語にしていきましょう。

    もちろん、交通機関のように自分以外の方も使っている物は英語にできないと言う部分もあります。

    そう言う所は仕方ないとしても、できる限り英語を取り入れていれば、一日の中で英語に接する機会は格段に増える事になります。

    例えば、普段はテレビを見ている時間を、洋楽を聴いたり、洋画を見たりする時間に変えるだけでも随分と英語に接する時間は増える事になります。

    しかも、このくらいであれば、そこまで難しくもないでしょう。

    こうやって、少しずつ日本語から英語に変えていくだけでも、自分の心には英語が降り積もっていく事になります。

    日常生活の中に英語が入り込んでいるので、意識せずとも自然と自分の中に入り込んできます。

    こうして、疑似的ではありますが、英語の環境で生活する事で英語を自然と身に付ける事になると言えるでしょう。

    人間は生活環境に左右される生き物です。

    言語に限った話ではなく、生活環境は人間の形成に大きな影響力を持っていると言えます。

    例えば、冬の降雪量が多い地域で育った人は雪が降ると大変だと思い、降雪量が少ない地域で育った人は雪を見ると嬉しくなりますよね。

    同じ雪に関しても、全く違う感想を持ってしまいます。

    ですから、環境が人間に与えている影響は決して少なくないのです。

    つまり、海外生活の経験がないので英語習得が難しいと考えずに、海外生活に近い環境を作ってしまえば、海外生活の経験がないと悲観する必要はなくなるのです。

    要するに、あなたの考え方次第なのです。

    意識改革から始めれば、生活環境を変える事は難しくありません。

    大切なのは、何ができるかをシッカリと考える事です。

    あなたが自分の日常生活に取り入れられる英語はどのくらいありますか?

    何を英語にする事ができますか?

    先ずはこの事を考えてみましょう。

    そうすれば、英語学習の時間が取れなくても、疑似的な英語圏の生活を取り入れておけば、英語習得は可能と言う事になります。

    ですが、やはり英語学習の時間が必要ないと言う訳ではありません。

    先程も言いましたが、疑似的な生活環境の変更なので、完璧になる事はありませんから。

    そこで、英語学習にどのくらいの時間が取れるのかと言う事は大事になってきます。

    考えてください。

    あなたの生活サイクルの中に、もし英語学習を組み込むとすれば、どこにどれだけの時間を取る事ができますか?

    簡単に答えられませんよね。

    ですから、英語学習の時間をどうやって確保するのかと言う事は大切と言えます。

    普通の方は困ってしまうと思いますので、その辺も少し解説してみましょう。

    と言う事で、次回は「英語学習の時間を確保する」について話します。

    もちろん、英語学習に限らず、受験勉強や他の学習にも応用できる話なので、聞いて損はないはずです。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆