DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語を習得するには聞く話す書く読むをバランスよく学ぼう!

    当たり前ですが、英語は言語です。つまり文字という視覚情報だけではなく、聞いたり話したりという口耳思考という、複合的な情報や能力を必要とします。ここでは、これら四つの能力を、バランスよく身に付ける方法を紹介します。

    日本の環境は英語をマスターしづらい!

    現在日本における英語学習環境は、国際的に比較すると厳しいものであると言えます。

    何故なら、昨今身近にはなってきましたが比較的英語に触れる機会が少なすぎるという事と、学校教育自体読んだり書いたりといった、文字媒体重視であるからです。

    誤解を避けるため解説すると、必要性は増してはきたものの学習のために英語に触れるという意味合いでは、英語を使う機会があまりにも少なすぎまた、学校教育に関しても同じ意味合いで偏っているという事です。

    その為英語をきちんと学びたいのならば、自分で意識的に環境づくりや自分にとって学ぶべきスキルの、バランスを考える必要があるのです。

    自分に必要な英語力に合わせて考えよう!

    基本的に、学生時代英語の成績が割と良かった方でだけど話せないといった方は、リスニング力とスピーキングの練習メインで良いでしょう。

    そして、これを前提に数ヶ月学習を進めても以降に進歩がみられない場合、どこか忘れている部分がある可能性がある為、リーディングとライティングといった基礎を振り返ってみると良いでしょう。

    一方、学生時代から英語はからっきしという方は、最初からリスニングとスピーキングそして、ライティングとリーディング力を鍛える学習をしましょう。

    何故なら基礎を積むには、文字媒体での学習も必須だからでありかといって、聞き取りや言葉を発するスキルもおろそかにはできないからです。

    これら四つのスキルは、互いを上達させるにあたり相補的な関係にあります。

    即ち、書くためには文法的知識が必要であり、文法はすべての基本ともいえるものであるからです。また、読めるという事は発音を理解しているという事ですから、聞き取りスキルにも関係し、これらすべてを土台にスピーキング力が構築されるからです。

    この様に学習するべき内容のバランスは、自身の英語スキルとレベルによって決まります。

    しかし、どちらにせよリスニングとスピーキングつまり、オーラルの学習が不足しているという事実に変わりはありませんので、これらを念頭に置き計画を組む必要があります。

    英語の学習は学習内容のバランスが大切

    英語が言語である以上、目的によって重要となるスキルの組み合わせは変わってきます。

    しかしこれらは、基礎をきちんと習得できている事が前提となりこの基礎的なものには、リスニングとスピーキングも含まれます。

    しかし日本において、リスニングとスピーキングには重点が置かれていない現状にあります。よってこれらの前提条件を踏まえた上で、自身のレベルを鑑みそれに合わせ学習内容を計画するべきだといえるでしょう。

    基礎を積みたいのなら文法や読みも大切です。

    何故なら読めるという事は、語彙も文法知識も十分に理解していなければならず、共通の基礎であるからです。

    しかし現実はそれだけではすまず、聞く事や話す事も必要となってきます。

    これらの事からオーラルの重要性を踏まえかつ、自分に合った学習内容のバランスを見出し実行する事が、重要といえるでしょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆