DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語を日本語に訳す手間を省く練習をしよう!

    リーディング学習について。英語の最後から日本語に訳す事をやめる。英語を訳さないで理解できるようにする。ロスのない方法で。英単語から英文の内容をイメージできるようになる。反復練習で身に付けよう。

    英語を日本語に訳す手間を省く練習をしよう!

    学生時代に習う英語と言えば、ほとんどは英語を日本語に訳しましょうと言う内容です。

    少しだけ日本語を英語にしましょうと言う問題もあったかも知れませんね。

    それでも、ほとんどは長文読解に代表されるように、英語を日本語に訳す作業でした。

    最近では英語を聞いたり、話したりする授業も増えていますが、大した量ではありません。

    そのため、現在の成人の多くは英語学習と言えば、英語を訳す作業と言う風に考えてしまっています。

    英語を聞いた時でも、先ずは日本語訳を考えると言う思考回路になっているため、普通に英会話ができる方も少ないのです。

    つまり、すぐに英語を日本語に訳してから文章の内容を理解していこうと言う考え方が良くないのです。

    この点を解消しない限りは、英会話の上達は難しいと言うしかありません。

    その辺りを少し掘り下げて解説していきます。

    この記事をシッカリと読んで、自分のリーディング力について考えてみましょう。

    すぐに日本語訳を考えると、多くの弊害が生じる。

    先ずは学生時代の英語授業を思い出してみましょう。

    多くの方が、英文を最後から日本語に訳して意味を理解しましょうと習ったのではないでしょうか?

    この方法は、とても理にかなった方法です。

    日本語と英語では語句の並び順が異なっているため、英文の最後から日本語に訳していくと、とても上手く訳す事ができます。

    その反面、英語学習をする上で大きな弊害を伴ってしまいます。

    分かりやすく言うと、このような手法で英語を理解している間は、文章を読む能力しか付かないと言う事になります。

    順を追って考えていきましょう。

    英文を聞いた後、その英文の最後から訳す作業をするならば、先ずは英文を全部聞いてしまう事が必要になります。

    英会話の場合、相手の言葉をキチンと聞くと言う意味では不都合はありません。

    しかし、そこから日本語に訳して、その内容を理解していく作業に入ります。

    英会話であれば、ここで間が空いてしまいます。

    会話の相手は、こちらが日本語訳を作っている間は待ちぼうけです。

    これでは会話になりません。

    つまり、英文が書いてある物を渡されて、何と書いてありますかと聞かれた時にしか役に立たない能力と言う事になります。

    また、英文を見て日本語訳を作ると言う時点で、大きなロスをしているとも言えます。

    単純に考えても、英語を聞いて内容を理解するだけであれば、二段階で事足ります。

    それなのに、英語を聞いて内容を理解する間に、日本語訳をすると言う余計な作業を挟んでいます。

    これではリーディング力には限界が生まれてしまいます。

    なぜならば、いつまでも多くの情報に触れる機会がなく、英語を読む間に日本語を考えると言う非効率的な作業を含んでいるからです。

    つまり、リーディング力を鍛えるためには、英語を聞いたら、そのままで理解していく事が最良なのです。

    この方法から抜け出さない限り、リーディング学習に力を入れても効果が上がらないと思われるのです。

    英単語からイメージできるようになろう!

    先ずはリーディング学習をする時に、日本語に訳す作業をやめる所から始めましょう。

    でも、そうなると不安ですよね。

    英語を見たり、聞いたりしただけで意味が分かるだろうかと言う不安がある事は仕方ないと思います。

    しかし、これができるようにならなければ、一定以上のリーディング力を手に入れる事は難しいと思われます。

    そこで、一つ提案しましょう。

    日本語に訳さずに英文の内容を理解するためには、英単語から意味をイメージできるように練習する事です。

    そのような練習をする理由を説明する前に、次の文章を読んでみましょう。

    ・The ship progressed slowly through the rough sea.

    (船は荒れた海をゆっくりと前進した。)

    この英文を読んで最後から順番に訳していると、船が進んで行く様子はイメージしにくいでしょう。

    しかし、英単語からイメージできるようになっていれば、船が進んで行く様子は数単語読んだだけでイメージできますよね。

    つまり、学校で習った英語学習と言うのは、文章から内容をイメージする事が難しくなり、時間ばかりがかかってしまうと言うロスの多い手法なのです。

    そのため、リーディング学習は、英語の内容を日本語に訳さずにイメージできるようになる事が最終的な目標なのです。

    直読直解と言う言葉もありますが、英語を読んだら、そのまま理解する事を目標に頑張りましょう。

    確かに、学生時代から馴染んできた方法だと思いますから、簡単には抜け出せないと思います。

    それでも、この悪習慣から抜け出す事ができなければ、リーディングはあまり上達していきません。

    だからこそ、これからリーディング学習をしていく時には、いつも「日本語訳を考えない事」や「英単語から内容をイメージできるようになる事」を意識しながら、リーディング学習をしていくようにしましょう。

    何度も繰り返し練習する事だけが、直読直解ができるようにしてくれると言えます。

    その事を忘れずに、リーディングの練習をしていきましょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆