DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語を学ぶ時にはアグレッシブな気持ちで取り組もう!

    英語の学習の道のりは短いものではなく、どうしても長いものです。しかし長期に続けなくてはならないからこそ、日々の生活との兼ね合いややる気との戦いが生じてきます。ここではそんな時の、気持ちの持ち方について紹介します。

    学習を継続するには受け身ではダメ!

    英語の学習は短い期間で済んだり簡単に済んだりするものではなく、やるべき事をこなしそれを日々積み重ね、長期に渡り持続させる必要があります。

    しかしそれには、自分のやる気を生み出すもととなる動機が必要となります。

    これは人それぞれであり、自分ではない他者から与えられたものでは合う合わないに、格差が生まれてしまいます。

    この事から、自分から学習をしたくなる様な自分なりの動機づけが必要となります。そして自分から進んで、学習に取り組む必要があるのです。

    何故ならば、やる気もなく人から言われただけという理由だけでは、長期間続ける理由としては乏しく、次第に苦痛が多くなり断念せざるを得なくなってしまいます。

    しかし自分なりの理由づけがあれば、少しの障害さえも苦とはならなくなります。つまり自分なりの動機づけをし、能動的に取り組む事が大切となってくるのです。

    この事は、学習時の集中力にも関わり強いては効率にも関わります。

    やる気があっても焦りは禁物!

    先に上げた様に人は誰しも、モチベーション即ちやる気があれば、ちょっとした苦難も乗り越える事が出来ます。

    しかし、やる気があるほど失敗したくないという気持ちが先行し、いつの間にか焦りに変わってしまう場合があります。

    そうすると、ちょっとでも自信のあるところは手を抜いてしまいがちになってしまいます。

    そしてそれをしてしまうと、もし自信が空回りしてしまっていた場合弱点へと直結してしまうのです。

    これを避けるには、自身の有無関係なく堅実にやるべきことをこなす必要があります。

    即ち、気持ちを結果に直結させるためにも堅実に気を長く持って、取り組む必要があるのです。

    能動的にかつ堅実に取り組もう!

    英語は様々なスキルで成り立つ複合的なものであり、それが故に英会話等の目的とする行動として、実感できるには数カ月を要しそれまでもそこから先も、学習を続ける必要があります。

    この様にどうせ長期間続けるからこそ割り切って、自分から進んでかつ油断せず着実に学習を進める必要があります。

    遠回りな様ですがそれが、英語上達にとって一番効率の良い道なのです。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆