DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語を始めるにあたりはっきりさせるべき事は3つある!

    英語も然り物事を新たに始める時、ただ「やりたいから!」というだけで漠然と見切り発車しては、続くものも続かなくなってしまいます。ここでは、英語の勉強を始める事前準備として明確にしておくべき三つの事をご紹介します。

    今や英語は必須!?

    少し前であれば国際的な商社等でない限り英語が出来なくとも生きていける状況でした。

    しかし国際化の潮流がある現代、

    国内企業であっても新入社員試験や出世要項として英語能力が採用されてあったり、いきなり海外への出張が決まってしまったりあるいは取引相手が海外という事になったり・・・

    と、思いもよらぬところに英語の必要性は潜んでいます。

    また読書好きの方であれば、英語ができるようになれば洋書を読む事が出来るようになります。

    実は、翻訳されたものと原文(翻訳されていない)では微妙にニュアンスが変わってしまっています。それは、日本語と英語では表現が異なっている部分があるからです。

    この様に時代を追うごとに、英語が身近なものとなり必要性を増してきています。

    英語学習に必要な3つの事

    自分から勉強しようと思い始める方もいれば上司や会社等と人に言われ渋々といった方もいらっしゃる事かと思います。

    特に後者に言える事ですが、どちらにせよ「目的を明確に」しないと行き詰ってしまった時等において、モチベーションの低下等につながりまた英語の勉強自体長期的なものとならざるを得ない事が多い事から、マンネリ化してしまう原因となってしまいます。

    その事から以下三つをまず明確化し、意識する事が大切となってきます。

    1.目的・目標をはっきりさせる

    2.目的や目標をクリアするための方法を見つけ決める。

    3.決めた方法を実行する上で必要な教材は何か見つけ決める。

    まず目標や目的を決める事です。

    これが曖昧なままだと先ほどにもあげた様に、モチベーションの低下やマンネリ化の原因となってしまい、勉強も身に入らなくなってしまいます。

    しかし、目標がはっきりする事で勉強が一通り終わった後の自分を頭に浮かべやすくなり、つまずいてしまったとしても続ける事が出来やすくなります。

    そして、次に述べる方法も決めやすくなるのです。

    次に、目的や目標をクリアするための方法を見つけ決める事です。

    目標に向け自分のレベルやどうすればそれらの目標を達成させる事が出来るのか、必要な能力を吟味することが肝要です。

    英会話を例にとっても聞き取る能力はもちろん、文章を組み立てるいわば書くための能力も必要になってきます。

    また読む能力と聞き取る能力はある程度リンクしているので、読む練習も必要となってきます。またレベルに応じて、スタートするレベルも変わってきます。

    最後に、決めた方法を実行する上で必要な教材は何か見つけ決める事です。

    自分のレベルや必要な能力がはっきりすればあとは教材選びだけです。

    教材にもさまざまなものがあり、目的によって変わってきます。

    英検やTOEICの取得であれば専用の参考書が必要ですし、日常会話であればそれ向けの教材があるなど目的別に様々なものが売り出されています。

    またあなたのレベルによっても必要なものが変わってきます。

    同じ目標でも基本が出来なければそこからやり直す必要があり、単語帳や問題集といったそれ相当の教材が必要となってくるからです。

    この場合、基本のものと目的別のもの両方が必要になります。

    英語学習は英語という道を進んでいく事

    ここまで述べた事柄は一種のある道のりに例える事が出来るでしょう。

    まず目的をゴールとしそれを定め、そこまでの道のりを見出し進みきるための道具選びをする。その為には自分の能力を直視しそれに見合った道具選びが必要となるといった具合です。

    しかし実際の道と異なるのは、一度ゴールして終わりではなくその先にも今まで目にする事がかなわなかった道が存在するかもしれないという事、つまりゴールが最終目標とはなりえないという事です。

    これが一種の学びの楽しさであり醍醐味といえるでしょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆