DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語を出来る様になりたいなら出来る人の真似をすべし!

    どんなに英語が出来る人でも、最初からそうであったわけではなく、必ずそうなる事ができた理由があります。そして、私たちもその理由を知る事で大きく成長する事ができるのです。ここではそういった事について紹介します。

    その人の英語が出来る理由を知ろう!

    世の中には同じ日本人であっても、英語を使いこなしている人もいます。そういった人を見ると、自分には無理だと諦めてしまう方もいる事でしょう。

    しかしそこで諦める必要はありません。

    英会話を例とすると、英語を流暢に話す事が出来るひとは、そうなるための考え方や行動をきちんと身についているから、現在があるのです。

    それらはその人の性格やライフスタイルも加味されたものですので、完全一致とまではいきませんが、それらは大いに参考にすべきです。

    何故ならその中には、いわば英語上達のポイントが盛り込まれているはずであり、それに関しては踏襲すべきものだからです。

    つまり、英語が得意である人の成功方法をこれでもかという位に、反復し習慣化させそれを自動化させる事で、学習内容に集中しながらも無意識にそれら上達のために踏むべき、プロセスを経ながら学習を進める事ができるのです。

    学習時に踏むプロセスを意識しよう!

    英語に限らず、人が物事を学習する上で踏まれる共通のプロセスがあります。

    それは、目標とする人を真似する時期とそれを自分に組み込む時期です。

    どういう事かというと、まず自分にとって理想となる目標とする対象を定め、それらをこれでもかという位繰り返し真似し練習する事で、自ずと自分のものとして組み込まれていくのです。

    例えば分かりやすい例でいえば、シャドーイングが挙げられます。

    このシャドーイング自体、聞きながら口に出す事でそれを真似し、その事を通して自然な発音を身につける練習法で、学習の理にかなったものなのです。

    これら学習におけるプロセスを意識せず、むやみに学習を行ってもそれは、非効率的であり上達の可能性も減ってしまいます。

    この事からこれら学習プロセスを意識し、自分の理想とするお手本を探しだし、それを目指して反復練習し学習すること自体を習慣化させる。

    これが、学習を結果に結びつかせ易くし上達するためのポイントなのです。

    英語の目標は意外と身近にいる!

    英語の場合身近に外国人が引っ越してくれば良いですが、いくら可能性は増したとはいえ、都合の良いタイミングで来てくれるとは限りません。

    しかし目の前にいなくても、探す事は出来ます。

    例えば、純粋にスピーキングの練習であれば、好きなアメリカやイギリスの映画俳優や女優等が出ている、ドラマや映画のセリフを真似しても良いでしょう。

    また初級者である場合、意外と少し前のディズニーの物語をモデルにしても、出てくる単語も簡単ですのでお勧めです。

    この真似をする時に、発音やイントネーションを意識して取り組む事で、より効果が期待できます。

    これらを通し、自然なアクセントや発音また英語特有のニュアンスが掴めてくるのです。

    英語の先輩をとことん真似る!

    学習のし始めは何事においても、自分なりの基準が定まっておらず、その基準を作る必要があります。

    その為には、英語が得意な方や外国人を目標としてそれらを真似する事を通し、学習方法や実際の英語の発音を学ぶことが効果的だと言えます。

    これらを通し、学習法や実際のイントネーションや発音等を学ぶ事ができるのです。

    但し学習法に関しては、自分の性格やライフサイクルも関わってきますので、その点は自分なりにカスタマイズする必要があります。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆