DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語をものにするためには何よりも継続する事が大切!

    当初はそれぞれに目的をもって、英語学習を始めます。しかし、いくら教材選びに成功し比較的理解し易くても、学習を断念させる要素は他にもあります。しかし、それらに負けず学習を進める事が、英語学習成功のカギなのです。

    効果は実感だけがすべてではない

    英語を学習していて、始めた当初は新しい発見等がありまた目標に向かう意識も高い事から、やる気に満ち溢れている事でしょう。

    しかし学習が進むうちに、日々同じことの繰り返しであったり、初歩であるほど目的とする行動に結びつきづらい事から、無駄ではないかという気持ちが浮かんだりと、学習を断念させる甘い誘惑が襲ってきます。

    しかし、ここでこれらの気持ちに負けてはいけません。

    英語に限らず語学は、読む書く聞く話すそして文構成能力が複合的に、合わさっているもので、目的別に必要な組み合わせが異なっています。

    裏を返せば目的ごとに、必要な能力をバランス良く身に付けなければ、目的とする場面には使えないという事です。

    初歩の段階ではそれらを満たす事が難しく、それぞれのスキルを組み合わせる事が出来ないため、実感がわかないのです。

    よってここで、大きな実感だけを求めてはいけないのです。

    しかし日々学習をすれば、必ずそれはあなたの身になっています。

    日々学習に無駄なものはなく進めていれば、必ずそれぞれのスキルを組み合わせる事が出来る時が来ます。

    実感が必要であれば、単語をいくつ覚える事が出来た等に意識を向けると良いでしょう。

    その時を楽しみに学習を進めましょう。

    工夫して学習を進めよう

    人間いくら目標が明確であったり、無駄ではないという事がわかっていても、飽きてしまったり多忙であったりと、物事を継続するにあたり乗り越えるべき壁はいくつかあります。

    しかしこれらは、ちょっとした工夫次第でどうにでもなるのです。

    例えば、同じ繰り返しに飽きてしまったとしましょう。

    英会話であれば、リスニングと文構成力を含むスピーキング力がつけられれば良いので、教材に割く時間を少し減らし、洋楽を聞いてみたり一人でいる時に、相手がいる事を想定して英会話をしてみたりという事をしてみると、良い気分転換にもなりますしここまで学習したことを確認する事が出来るでしょう。

    また思いがけず多忙である場合には、一度ライフサイクルを見直し時間の使い方を、工夫してみましょう。

    意外と見落としている時間の使い方が合うかもしれません。

    普段から、ノートやスマートフォンに学習内容と時間を記録しておくと、こういった時に客観的に捉える事が出来る様になります。

    日々の積み重ねがものをいうのが英語

    この様に、目的別に必要なスキルが異なる事から、効果が実感できるまでには個人差を踏まえ数カ月は要します。

    しかしそれでも、日々の学習は必ず貴方の実力へと結びついており、それが一気に花開くときは必ず来ます。

    また、多忙であったりマンネリ化してしまったりした時には、学習を維持しつつ気分転換を図ったり、時間の使い方を工夫する事で乗り越える事が出来ます。

    兎にも角にも、学習を維持する事が大切です。

    途中でやめてしまっては、その日数分ブランクが生じてしまい、取り返すのが大変になってしまいます。

    それではせっかくの目標も達成する事が出来ません。

    あなたも学習を習慣化させ継続する事で、英語を実力として身につける事が出来ます。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆