DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語の学習をしないと気が済まないくらいに習慣化しよう!

    物事をやり遂げるには、何事も続けなければなりません。英語の学習も然りです。しかし最初の頃は、やるのをうっかり忘れてしまったりいつもしない事をするのが煩わしかったりという事もあるかもしれません。全て習慣化が鍵となります。

    英語学習という行動を習慣化してしまう!

    理由はどうであれ、新たに英語学習を始めるという事はそれまでになかった行動を、新たにするという事です。

    しかしそれには、それまでに成立していた行動パターンの変更を迫られるという事であり、これを乗り越えられるか否かが、無事学習を始める事が出来るかという事に繋がります。

    三日坊主では、学習を始めたとはいえずちょっと試しただけとしかなり得ないからです。

    成立した行動パターンは習慣化されており故に、新たに行動パターンを組み直す事は、余計に神経を使う行為となります。

    何故ならこの習慣化された行動は、意識と無意識の狭間で起こる行動なので、行動を起こす脳内処理も要領の良いものとなっています。この状態を自動化とも言います。

    しかし自動化のされていない行動は、脳内でも要領悪く処理が行われます。これが、慣れない事が疲れてしまう原因です。

    よってこの期間を乗り切り習慣化されてしまえば、学習を継続させ易くなります。

    習慣化するには行動の流れを意識しよう!

    では習慣化させるには、どうしたらよいのでしょう。

    まず一つは、新たな行動の流れを意識する事です。

    方法は、紙に書くなり前の晩に確認するなり、自分のやりやすい方法で構いません。

    流れを意識する事で、先を予測して行動する事ができ時間配分なども、頭に入れ行動する事が可能である為、なるべくスムーズに行動に移す事が出来ます。

    もしこれで、時間的に無理が生じてしまったり次の行動に支障をきたしてしまったりする場合には、時間配分自体に無理がある証拠ですので、再度見直す様にしましょう。

    わずらわしさは脳が行動に慣れていないだけ

    私たちが行動を起こす時、無意識下で脳があらゆる処理を行っています。

    例えば手を振る動作であれば、友人等に別れの意を伝えるために起こすとしても、手よ動けとは誰しも考えてはいません。

    しかし実際悩では、手を振るという動作を起こすため筋肉へ脳から腕のこことここの筋肉よ縮め等といった、あらゆる指令が交わされています。

    これらはすべて自動化されている行動であり、行動を起こすこと自体同じ様な事が起きています。

    しかし自動化されていないものだと、意識的に行わなければなりません。

    この状態は瞬間的に、一つの行動を起こすにあたり余計な処理がなされているのです。

    つまり、脳内での電気信号が二か所で済むものを、三か所四か所を経由しているという事です。

    それが、余計に疲れてしまったりなんとなく煩わしかったり面倒くさいと感じる、原因なのです。

    この時期のこれらの感情が、こういうものだとわかればなんとなく割り切る事が出来るでしょう。

    とりあえずの小さい行動の積み重ねが大切

    では実際はどうすれば、こういった期間を乗り越える事が出来るのでしょう。

    それはどういう感情が起きても、とりあえず行動に移すという事です。

    結局気合い論ではないかと思うでしょうがそうではなく、きちんと理論立てて考える事が出来ます。

    つまり先ほどあげた様に、時間的や学習時間前後の行動の目的に支障をきたさない限り、とりあえず学習を始めるという事です。

    やる気がおきなくてもとりあえず、英文を読む聞くといった事をするうちにまず、時間を確保する事に違和感を感じなくなります。

    そうすればあとは、やるべきことに集中する事ができしめたものです。

    この段階では、ほぼ脳内処理も適切化されている状態ですので、無意識に学習行動を起こす事が出来るはずです。

    継続への第一歩は行動自体の自動化にあり!

    この様に、日常生活に支障をきたさず学習を継続化させるには、学習行動の習慣化が大切なのです。

    英語の学習自体が、日々の小さな学習の積み重ねがものをいうものです。これを続けるには、小さな行動の積み重ねが肝となってきます。

    習慣化させることでより学習内容に、意識を集中させる事が出来ます。つまり学習に専念するためにも、行動の習慣化が大切だといえるでしょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆