DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語のスピーキング力を上げるなら英語漬けになる時間帯を作ろう

    英語をスムーズに話せる様になるには、とっさに英文を脳内で組み立てられるようになる必要がある一方、自分で意識的に英語を使わなければ、出来る様にはならない能力でもあります。ここでは、その為に有効な方法について紹介します。
     

    流暢な英会話は英語脳により作られる!

    &nbsp
    英語を滞る事のなく話せる様になるには、言いたい内容をとっさに英語にできることが要求されます。

    そしてその為には、日本語に変換せずダイレクトに英語に変換できるつまり、英語脳が必要になるのです。

    いったん日本語に変換してから英語に戻す場合、時間的なロスにもつながりますしそれがあまりに長くなってしまうと、気まずい雰囲気になってしまいます。

    即ち物事と英語を脳内で直結させる事で、すぐさま英語が口から出る様になるのです。

    そうすると、相手の話す英語を日本語で話すときのように理解しすぐ英語で返す事が出来る様になるため、スムーズな英会話が可能となります。

    強制的に英語だけを使おう!

    &nbsp
    この英語脳を手に入れるには、英語だけで物事を考えられる様にならなければなりません。

    その為にはできるだけに日本語に頼らず、英語だけを使う環境が必要となりますが、日本での条件下では、それも困難である事は否めません。

    またこういった事は、初心者にとっても難しいことでもあります。

    そこでおススメするのが、一度学習した教材を使った学習法です。

    どういう事かというと、1日1単元を目安に音読しその内容を、英文により要約するのです。

    この程度であれば、一回につき10〜15分で済みなおかつ、1度学習済みですので内容もつかめているはずですので、スムーズに音読する事ができます。

    この時に、絶対に日本語を使ってはいけません。

    意味が分からずにいつもであれば、「あれなんだっけ?」と思わず漏らしそうになっても、そこはぐっとこらえてwhat’s?等という様に、徹底的に日本語を排除します。

    こうする事で、次第に英語だけで物事を考える癖付けが出来るのです。

    この場合、文法的に間違っていてもたとえ単語単発でも構いません。

    次に要約ですが、書く事を口に出しながら行うとより効果的になります。

    ここでも目的は、英語だけで物事を考えられるようになる事ですので、文法的間違いを気にせず、頭に浮かぶまま書く様にしてください。

    継続させる事が一番の特効薬

    &nbsp
    英語脳を手に入れるのには、こうした英語漬けになる事が一番効果的ですが、これも継続させないことには意味がなくなってしまいます。

    毎日こういった事を積み重ねる事で、次第と英語だけで考える思考回路が、脳内で形成されていくのです。

    その為、先に紹介した方法以外でも自分にあいそうな方法があるのであれば、そちらで行っても構いません。

    その場合でも、日本語を徹底排除するのを忘れない様にして下さい。

    日本語に頼ってしまっては、この場合の目的を達成する事は出来ませんから。

    英語漬けになって英会話を楽しもう!

    &nbsp
    英会話ができる様になるには、相手の英語を聞き取れ理解しその上で自身の意思を、英語によりすぐ返せる必要があります。

    そういった円滑な英会話には、日本語の介在する余地はなく英語だけで考え英語で表現できる必要があります。

    そしてそうなるためには、毎日一定時間英語だけの時間を設ける必要があるのです。

    何故なら、そうでもしない限り私たちは日本語に頼りがちだからです。

    こうする事で、脳内で英語だけで物事を考える英語専用の回路が形成され、それにより円滑な英会話が可能となるのです。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆