DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語が地域によって違うって、本当ですか?

    アメリカ英語とイギリス英語のどちらを勉強するか?リスニングは多国籍の英語に対応できるようにする。スピーキングは話しやすい英語で。アメリカ英語だけに慣れると違和感がある。多くの英語に触れるようにする。

    英語が地域によって違うって、本当ですか?

    日本人の中には、英語が一つしかないと思っている方も多くいます。

    えっ、違うの?……と思った方、よく考えてみましょう。

    英語を話している国は、世界中にたくさんあります。

    代表的なのは、アメリカやイギリス、オーストラリアなどですね。

    他にも多くの国が英語を使っています。

    それぞれの国家が位置する地点を考えても分かるように、同じ地球上にあっても遠く離れていますよね。

    こうなると、地域ごとに少しずつ違いがあっても不思議ではないでしょう。

    狭い日本の中でも方言があって、地域ごとに言葉は少しずつ異なるのですから。

    そこで、今回は地域によって異なる英語に対応する方法を考えていきましょう。

    日本では「アメリカ」か「イギリス」で迷う人が多い。

    日本で英語学習をする時、ほとんどの方はアメリカ英語から学習を始めます。

    なぜならば、国内で発売されている英語教材の多くがアメリカ式の発音を採用しているからです。

    そのため、自然とアメリカ英語から学習を始めるようになります。

    しかし、英語を話している方が、必ずアメリカの方とは限りませんよね。

    もしかすると、イギリス英語を話す方かも知れませんし、それ以外の出身の方かも知れません。

    それなのに、アメリカ式の発音しか聞き取れないようでは会話が成り立ちません。

    ここが重要です。

    相手の話を聞き取れる事が大切だと言う事です。

    つまり、地域によって少しずつ違いのある英語を聞き取れるようになっていなければ、会話ができないと言う事です。

    そこで、リスニング学習をする時には、可能な限り多くの地域の英語を聞く練習をする事が良いと思われます。

    しかし、話す時は、自分が話しやすいと感じる英語で話せれば問題ないでしょう。

    もちろん、聞き手が様々な英語を聞き取れるようになっているはずですから。

    まとめると、リスニングは多国籍の英語を学習して、スピーキングは自分が話しやすい英語を練習する事が良いと思われます。

    イギリス英語の印象は?

    英語学習を始めたばかりの頃には、アメリカ英語でもイギリス英語でも違いを感じる事ができないでしょう。

    しかし、学習を進めるにつれて、次第にアメリカ式の発音とイギリス式の発音が大きく異なっている事に気付くでしょう。

    中学などでもアメリカ式の発音を教える教師が多くいる事もあり、ほとんどの方がアメリカ英語に馴染んでいます。

    そのため、イギリス式の発音に独特な印象を持ってしまい、初めは戸惑ってしまう方も少なくありません。

    リスニング学習の一環で初めてイギリス式の発音を耳にした時には、その違いに驚いて、少しばかり違和感を覚えた記憶があります。

    苦手だと感じた時期もありましたが、慣れてしまえば、その発音を心地良く思うようにもなりました。

    要するに、慣れてしまえば、何と言う事はないのです。

    最近の日本の英語事情は?

    日本国内で販売されている英語教材の多くは、アメリカ式の発音を採用しています。

    もちろん、日本国内の事情を考えると、アメリカ人と会話をする可能性が最も高いとも考えられるからでしょう。

    しかし、イギリスとの関係が希薄な訳でもありません。

    また、近年ではオーストラリアやニュージーランドも地理的に近いと言う事もあり、様々な面で関係のある国と言えます。

    このような事からも、多国籍の英語に対応できる方が望ましい事は言うまでもないでしょう。

    それを如実に感じられる事としては「TOEICのテスト内容」があります。

    TOEICもアメリカ英語で試験が行われていました。

    しかし、数年前に新しくなり、現在ではアメリカ以外にも、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドの英語に対応した発音も使われています。

    この事からも分かるように、多国籍の英語に対応できる事が望ましいと誰もが考えていると言えます。

    ですから、少なくとも多国籍の英語を聞き取る事ができる能力を身に付けておく事が大切だと言えます。

    この点に注意して、リスニング学習をしていきましょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆