DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英語ができない自分を正当化してはいけない。

    英語ができない理由を考えない。自分を正当化しない。できない理由からできる理由を考えるようにしよう。否定的な考えから肯定的な考えへ。ポジティブシンキングが大切。英語習得への原動力になるのは何か?

    英語ができる人とできない人の違いは何だと思いますか?

    もちろん、英語圏に生まれた、ネイティブスピーカーであると言う事は別ですよ。

    もう何度も言いましたが、英語学習に時間をかけて努力したと言う事もあります。

    日本語も同じだと言う話をしましたよね。

    あなたも日本語が話せるようになる努力を気づかない間にしました。

    ネイティブスピーカーも同じです。

    ですが、他にも共通する事があります。

    それは常に理由を持っていると言う事です。

    何の理由だろう……と考えますよね。

    それは英語学習をする理由です。

    どう言う事か、詳しく話してみましょう。

    例えば、あなたがプロのスポーツ選手になろうとしているとします。

    しかし、プロの世界は厳しくて、自分の能力ではムリだと思った時、あなたはどうしますか?

    もちろん、諦めると言う事になるでしょう。

    他にも趣味として続けると言う選択肢もあるかも知れませんね。

    どちらにしても、プロになる事は諦める事になるでしょう。

    その時、あなたはプロになれない理由を考えませんか?

    例えば、「自分には才能がなかった」や「能力的にムリと感じた」など、何でも構いませんが、理由を考える事になるでしょう。

    これは見方を変えると、言い訳と言う事にもなります。

    つまり、何かができない時、できない理由や言い訳を人は考えてしまいます。

    英語学習でも同じなのです。

    英語ができない人は、どうしても「英語ができない理由」や「言い訳」を考えます。

    これこそが、英語ができない人に共通する事です。

    同様に、英語ができる人も「英語ができるようになる理由」や「英語学習を続ける理由」を考えるのです。

    このように、人は何かをする時には必ず理由を考えて行動します。

    理由もなく行動する事はありません。

    もちろん、咄嗟の判断で人助けをすると言う場合は別ですが……。

    ともかく、人はきちんと理由を考えて行動します。

    ですから、英語学習をやめる人や続けられない人は、その理由を考えてしまっているのです。

    しかし、これは「自己弁護」や「自己の正当化」と考えられる行為です。

    こうなってしまうと、気持ちはそちらに傾いていると言う事になります。

    つまり、英語ができない理由や英語学習をやめる理由を考え始めてしまった時点で、人は英語を諦める方向に気持ちが傾いているのです。

    あなたは次のような事を考えていませんか?

    ・英語学習の時間がない。

    ・自分は頭が悪い。

    ・英語のセンスが自分にはない。

    ・家族サービスをしないといけない。

    ・海外生活の経験がない。

    ・年齢的にムリだろう。

    このように「英語や英語学習ができない理由」を考え始めてしまっているとしたら、それは要注意と言う事です。

    少しでも考えているようであれば、既に自己の正当化が始まっているのかも知れません。

    どこかで自己弁護をしている可能性もあります。

    早目に対処する事を考えましょう。

    そして、英語を習得した方は、このような言い訳を考えたとしても、それを振り払って英語を習得したのです。

    また、英語を習得した人は「英語ができるようになる理由」や「英語学習を続ける理由」を考えたのですから、そのように考える事が良いと言えるのです。

    例えば、次のように考えてみましょう。

    ・もう少しだけ頑張ってみよう。

    ・頭は悪いけど、その分だけ長く勉強すれば大丈夫。

    ・センスがなくても、すぐに身に付くだろう。

    ・家族サービスは週末にしよう。

    ・海外生活の経験はなくても英語が話せる人はいるよね。

    ・年齢的なハンデを乗り越えるとスゴイよね。

    このように考え方を変える事で、英語を習得した人と同じ考え方ができるようになります。

    つまり、英語学習では否定的な思考は悪影響を及ぼすだけで、肯定的な思考こそが英語学習をスムーズに進めると言う事になるのです。

    もちろん、どんな事でも否定的な考えを持つのは良くありません。

    アスリートも成功するイメージを大切にしていますよね。

    英語学習でも否定的なイメージを振り払い、自分が英語を習得する肯定的なイメージを大切にして学習を進めましょう。

    どのような場合でも不安を感じる事はあります。

    特に困難が立ち塞がった時には、様々な理由を考えて諦めてしまうものです。

    ですが、そう言う時こそ言い訳を考えるのではなく、前向きになる事が大切なのです。

    英語学習をする中で、学習を諦めるような理由や言い訳を考えていませんか?

    もし少しでも考えているようであれば、とても危険な状況にあると言えます。

    すぐに「英語学習を続ける理由」や「英語学習ができる理由」を考えるようにしましょう。

    簡単に言えば、ポジティブシンキングです。

    常にポジティブシンキングで英語学習を乗り越えましょう。

    それこそが、英語学習を続けて英語習得に導くための原動力となるのです。

    そうやって、日々の積み重ねを行う事で英語は上達していくのです。

    ……所で、積み重ねが大切な理由は分かりますか?

    もちろん、どんな事でも日々の積み重ねが重要なのは当たり前ですよ。

    でも、特に英語では積み重ねがないと英語習得は遠のくばかりです。

    そうですね……理由も知っておいた方が良いでしょうね。

    では、次回は「積み重ねが大切な理由」について話す事にします。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆