DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英英辞典で思考回路まで英語にしよう。

    英英辞典を使ってみよう。英和辞典を離れてみる。英英辞典を使うメリット。類語の区別ができる。元々の意味が分かる。英語で考えるクセを付ける。知らない単語を簡単な表現で代用できる。無料の英英辞書を試す。

    英英辞典で思考回路まで英語にしよう。

    英語の勉強をする時に必要になる物の一つに辞書があります。

    便利な物では、電子辞書やアプリなどがあります。

    特に、最近では無料アプリでも優れた物がたくさんあるので、試しに使ってみると言うのもオススメですよ。

    ところで、勉強する時に使っている辞書は、どのような物を使っていますか?

    ほとんどの方が英和辞典と答えるのではないでしょうか?

    もちろん、英和辞典を使って勉強するのは悪い事ではありません。

    でも、学習レベルが上がった時は、英英辞典を使ってみる事をオススメしますよ。

    英英辞典がオススメの理由は?

    英英辞典を使う事を勧める方は、英語の上級者には多くいます。

    では、英英辞典を勧める理由は何だと思いますか?

    英単語の意味を調べるのに英語で説明されていると、どこか不便な印象もありますよね。

    しかし、英英辞典を使う事には様々なメリットがあります。

    そこで、英英辞典を勧める理由について、少し話してみましょう。

    元々の意味を知る事ができ、類義語と区別が付くようになる。

    英単語を勉強していると、似たような意味の単語があったり、日本語に訳してしまうと同じ訳になってしまったりする単語があります。

    例えば、この「client」と「customer」もそうです。

    日本語に訳してしまうと、どちらも「客」と訳す事ができます。

    しかし、両者には違いがあるからこそ、別の単語として存在しているはずです。

    そこで、こちらの単語を英英辞典で調べてみましょう。

    使う英英辞典は「Longman English Dictionary Online」です。

    こちらはオンラインで使えるだけでなく、無料利用が可能になっています。

    利便性も高く、豊富な語彙が調べられるのでお勧めです。

    今回は、こちらを利用してみます。

    さて、ここで「client」と「customer」を調べると、次のように表示されます。

    customer:someone who buys goods or services from a shop, company etc

    client:someone who gets services or advice from a professional person, company, or organization

    このようになります。

    ある程度、英語を理解できる方であれば、両者の違いは明白でしょう。

    意味が分からないと言う方のために補足しておきます。

    customer:店などで買い物をする客を表す。

    client:より専門職の顧客を表す。

    このような意味合いですね。

    これが英和辞典だけを見ていても分からない事です。

    特に質の悪い辞書になれば、この辺りも詳細に解説される事がなくなり、誤って使ってしまう事になります。

    英語で思考できるようになる。

    前述したように、英単語の意味を英語で調べるようになれば、段々と英語で意味を考えるようになり、英単語を日本語に訳さなくても良くなってきます。

    つまり、先程の例のように、英単語の意味が分からなくても、その意味を英語で確認するので日本語が介在する余地が少なくなるからです。

    そうすると、次第に英語で思考するようになります。

    英語で考えるクセが付けば、英文を読む事に抵抗もなくなり、次第に英文を早く読めるようになります。

    すると、英語で入ってくる情報量が圧倒的に増える事になります。

    後は、それが好循環になって英語による思考の機会が増えていく事になります。

    やがて英語で思考する事も難しくなくなるでしょう。

    英単語が分からなくても表現できるようになる。

    最後に英語の表現力に関して話しましょう。

    普段から英単語の意味を英語で調べていると、この単語はこのように説明すれば良いと言うルールのような物が身に付きます。

    辞書と言うのは、基本的には難しい言葉を説明するためにあるので、説明文は簡単な言葉で書いてあります。

    つまり、この説明に使われている簡単な言葉を習得する事ができるため、英単語の知識が多くなくても、多くの言葉を説明するだけの表現力が身に付くのです。

    これを説明したいけれど、英単語が思い出せないと言う時でも、辞書の説明に使われている英単語を駆使すれば、上手く説明できる事も十分にあります。

    これも英英辞典を使うメリットの一つと考えられます。

    オススメの英英辞典はありますか?

    今では、昔のように重い辞書を持ち歩く必要はなくなりました。

    特に電子辞書などは、低価格で多くの種類の辞書が入っている物も多くありますので、そのような物を使う事も便利で良いでしょう。

    また、ノートパソコンやタブレット、スマートフォンなど、様々な情報端末を携帯している方もたくさんいるので、オンラインで使える辞書を使ってみるのも良いかも知れません。

    今回の記事の中で使用した「Longman English Dictionary Online」もオンラインで使える無料の英英辞典です。

    簡単に使えるので、とても便利だと思います。

    他にも、無料アプリもたくさんありますので、色々と試してみて、使いやすい物を使うようにする事も良いでしょう。

    一方で、無料アプリやオンラインで使える辞書と比べると、有料の辞書はシッカリと作られている物が多くあります。

    インストールしてしまえば、後はCDを使う必要がなかったり、英単語の発音を確認できたりする物など、質の良い物が揃っています。

    良質にこだわるのであれば、有料の辞書の中でレビューの良い物を選ぶ事も一つの手段になると思います。

    どちらにしても、より本格的な内容の物の方が英語学習を続ける上で使いやすくなると思われます。

    そう言う辞書を見つけるためにも、先ずは無料の辞書やオンラインで使える辞書を試してみる事から始める事をオススメします。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆