DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英文法を勉強しなくて良いは間違いです!

    英文法学習について。英文法は大切である。英文法を勉強しなくて良い理由と勉強した方が良い理由を比較する。ネイティブのように文法が勝手に身に付く事はない。文法を身に付けておけば、効率的な英語学習になる。

    英文法を勉強しなくて良いは間違いです!

    英文法の学習については、専門家によって意見が分かれる部分がある事も確かです。

    あなたは、英文法を勉強しなくても良いと思いますか?

    確かに、日常の英会話をする時に、厳格な文法を求められる事はありません。

    考えてみれば、これは日本語でも同じです。

    日常会話の文法について、厳格に指摘されてしまうと、とても疲れる事になります。

    それに、専門家を除けば、日本語の文法を全て理解している方は少ないと思います。

    文章を書く事を生業にしている方でも、時には間違ってしまったり、正しい文法が分からなくなったりする事もあるそうです。

    だから、一般の方が文法を気にする事はないと言うのが、英文法を勉強しなくても良いと言う方の考え方のようです。

    また、多くの英語に触れる中で、英文法は勉強しなくても身に付くと考える方もいます。

    確かに、そのような事もあるかも知れません。

    でも、英文法を勉強した方が良いと言う事もあります。

    今回は、その点について考えてみましょう。

    英文法は勉強するべきか?

    英文法を学習しなくても、英語圏で生活している方は自然と文法を身に付けていると主張する方がいます。

    それは、その通りです。

    英語圏の子供は、日本の子供が助詞をニュアンスだけで使い分ける事ができるように、冠詞や前置詞などを使い分けています。

    でも、これは英語だけで生活しているからであり、日本で生活している方とは状況が違い過ぎます。

    つまり、英語学習をしている時点で、英語圏の子供のように文法を身に付けるには、英語に触れる時間が短いと言えます。

    しかも、大人になれば、言語を習得する能力も子供とは全く違うため、時間がかかる事は明白です。

    そこで、英語学習をする時は、英文法を勉強して言語習得能力が低下している部分を補う方が、明らかに効率良く学習が進むと考えられます。

    この事からも、英文法を勉強する方が良いと考えます。

    英文法を勉強しないと、どうなるの?

    英文法を勉強しないと言う理由だけでは、英会話ができないとは断言できません。

    例えば、正確な発音を身に付けていれば、英単語を並べるだけでも言いたい事は伝えられます。

    これは「ブロークン・イングリッシュ」などと呼ばれる事もあります。

    英単語を並べただけの英語、明らかに文法が間違っている英語などを表す言葉です。

    英単語さえ知っていれば言いたい事が伝えられるので、英文法を勉強しないでも良いと考えている方に多い事です。

    ネイティブの方も、相手の言いたい事をくみ取れるので誤りを指摘する事はありません。

    しかし、これを日本語に置き換えてみましょう。

    もちろん、来日して間もない方が、たどたどしい会話の中で単語だけを並べても、笑って意味をくみ取ってあげる事ができるでしょう。

    でも、いつまでも同じ状態では、次第に不可解に感じてしまうと思いませんか?

    何年経ってもタメ口のままで、丁寧な言葉遣いができないようでは、信頼関係を築く事は難しくなるでしょう

    これが仲間内では良いかも知れません。

    しかしながら、ビジネスパートナーとしては信用できないと考えてしまうはずです。

    つまり、英語でも同じ事が考えられます。

    ネイティブも初めは気を遣ってくれるかも知れませんが、そのまま過ごしていては、いつまでも信頼を勝ち取る事はできないでしょう。

    そうならないためにも、早めに対処しておく方が良いでしょう。

    中級者以上になって、英文法を勉強しようと思っても遅くはないかも知れません。

    それでも、初めから英文法をシッカリと勉強していた方に比べると、非効率的な英語学習になってしまいます。

    だから、英語学習を始める時に、一緒に英文法を勉強しておけば、初めから効率的に英語を習得していけると言えます。

    英文法を勉強する事は大切です。

    絶対に必要であるとは断言できませんが、英文法を勉強するようにお勧めします。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆