DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英文法は中学生レベルで十分って、本当なの?

    英文法の学習は中学生レベルでも十分。中学生の英文法だけでも英語をペラペラになる。専門分野は専門的な文法や単語を学習する必要がある。日常会話だけなら中学生レベルで十分。英語を話す練習をすれば話せる。

    英文法は中学生レベルで十分って、本当なの?

    英語学習で難しい事の一つに英文法があります。

    日本語でも文法は難しいのに、英語になると尚更……ですよね。

    でも、英文法は中学生レベルでも十分だと言う事を知っていましたか?

    ビックリするような話かも知れませんが、中学生で習う英文法を完璧にマスターすると、実は英語がペラペラになると言われています。

    もちろん、ウソではありません。

    これは事実です。

    簡単には信じられない事だと思いますので、詳しく解説してみましょう。

    中学生レベルの英文法で十分な理由は?

    日本語の日常会話を思い出しても分かると思いますが、日常会話の中で難しい表現を使う事はありませんよね。

    例えば、小学校に行けば、小学生が普通に日本語を話しています。

    幼稚園や保育園でも、子供たちが日本語を話しています。

    当然の事ですが、一般の方と比べると、とても幼稚な表現や言葉を使っています。

    それでも、子供が話したい事は伝わってきますよね。

    そう考えると、中学生が学校で勉強している英文法は、教科書を見ても分かるように普通の会話で使えるような内容になっていると思いませんか?

    教科書の例文では、同世代が英語で会話している様子だったり、一般的な話を英語で書いてあったりします。

    つまり、子供が小学校で話しているよりも高いレベルの内容になっていますよね。

    それならば、中学生が学校で勉強する英文法を完璧にマスターすれば、普通の会話では困らないと言う事になりますよね。

    しかし、それは普通の会話と言う話です。

    学術書や専門書籍と言うのは、そこに登場する単語も高度になりますし、表現も難しくなります。

    日本語で書かれていても難しいのですから、英語で書かれていても難しいはずです。

    ですから、専門的な事を英語で勉強するためには、それなりの英文法を勉強しておく必要があります。

    また、政治的な話やグローバル経済の話など、専門的な内容になれば、日本語でも専門用語を知る必要があるように、専門的な英単語を知る必要があります。

    だから、日常会話に限定すれば、中学生レベルの英文法でも十分だと言えます。

    それならば、なぜ中学を卒業しても英語を話せないの?

    日常会話に限定すれば、中学生が学校で勉強する英文法で十分だと言いました。

    そうすると、一つ疑問があります。

    なぜ中学校を卒業したのに英語を話せないのでしょうか?

    中学では英語を必ず習います。

    そして、多くの方が、ある程度の英語知識を身に付けて卒業していきます。

    高校や大学に進学するかどうかは別としても、中学生レベルの英文法はそこまで難しくなく、キチンと勉強すれば多くの方が理解できるレベルになっています。

    それが義務教育です。

    それなのに、どうして英語を話せるようになっていないのでしょうか?

    答えは簡単です。

    日本の義務教育の英語は、英語を話す事を目的に作られていないからです。

    基本的には、大人になるために必要最低限の知識を身に付ける事が目的になっているからです。

    そして、ほとんどは試験で良い点数を取るためだけに英語を勉強します。

    つまり、英語で話す練習はおろか、ほとんど英会話の勉強もしません。

    これでは英語を話せるはずはありません。

    もし英語を話すための練習をする事ができれば、中学生レベルの英文法を勉強するだけでも、十分に英語を話す事ができるようになると言えます。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆