DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英単語や文法の勉強だけではリスニングは上達しない

    リスニング学習法。効率的なリスニング上達のコツ。リスニング学習は文法と英単語の勉強から始めるな。リスニングの勉強の仕方とは?英語を聞き取るために。英語のスピードと発音に慣れるとリスニングは上手くなる。

    英単語や文法の勉強だけではリスニングは上達しない

    リスニングが苦手な方は、様々な方法で
    英語を聞き取れるようになろうと努力します。

    前向きな姿勢は、英語学習ではとても良い事です。

    しかし、どうして英語を聞き取れないのか
    を考えてから勉強する方が効率的ですよね。

    むやみに勉強しただけでは、
    効果があるとは限りません。

    リスニングができない理由は、
    前に話したので分かっていますよね?

    いくつかありましたが、その中で文法や英単語を
    知らないから聞き取れないと言う事を話しました。

    これは当たり前ですよね?

    知らない事を言われても、
    聞き取れないのは当然の事です。

    では、リスニングの学習では文法や
    英単語を勉強すれば良いのでしょうか?

    もちろん、知らないよりは知っている方が
    リスニングは上手くいきます。
    理由は考えるまでもないでしょう。

    ですが、ちょっと待ってください!

    その方法が効率的だと思いますか?

    少し考えてみましょう。

    前にも例として使いましたので、
    それを利用したいと思います。

    何の話かと言うと、映画やドラマの
    セリフをノートに書くと言う話です。

    前は読んでいないと言う方もいる
    でしょうから、順に説明していきます。

    何の映画でも良いので、
    好きな映画を思い浮かべてください。

    その映画を見ながら、冒頭から全てのセリフを
    ノートに書くとしたら……普通はできませんよね。

    いえ、できなくて良いのですよ。
    できる人の方が変でしょうから。

    取り敢えず、聞き取れたセリフだけを
    ノートに書いていくとします。

    その時、知らない言葉があったら、
    あなたはどうしますか?

    その場合は、どんなにゆっくり
    話されていても書けませんよね。

    もちろん、その部分だけは空白になってしまいます。

    また、文字を書く速さは人によって違います。

    自分は無理だと思っても、その速さに
    付いていける人もいるかも知れません。

    ですが、どんなに速いセリフに
    付いていける人でも、知らない言葉
    だけはやっぱり聞き取れませんよね。

    聞き取れなければ、
    その部分だけは書く事ができません。

    つまり、スピードに関係なく、
    知らない言葉は聞き取れないと言う事です。

    英会話でも同じだと思いませんか?

    どんなに多くの英単語を勉強していても、
    辞書に載っている英単語や存在する全ての
    英単語を覚える事は不可能に近い事です。

    日本語に置き換えれば、
    この事はすぐに分かります。

    日本語の辞書に載っている全ての言葉を
    覚えている人は多分いないでしょう。

    つまり、英単語をどれだけ勉強したとしても、
    知らない英単語に出会う事はあるのです。

    また学生時代に何年もかけて文法や英単語
    を学習したにもかかわらず、知らない英単語は
    いくらでもあるのですから、その学習に時間を
    かけるのは効率的ではないと言えます。

    ですから、文法や英単語の学習に
    時間をかけてもリスニングが上達する
    とは限らないと言う事になります。

    では、もう一度、映画のセリフを
    ノートに書くと言う話に戻ってみましょう。

    知らない言葉が出てきた時には、
    そのセリフが聞き取れない
    と言う結論になりましたよね。

    しかし、知らない言葉があったとしても、
    前後のセリフを聞いただけで
    意味が分かる場合もありますよね。

    つまり、一つの言葉を知らなくても
    話の内容が通じる場合があると言う事です。

    これを英会話に置き換えると、
    一つの単語を知らなくても、
    前後の文章から内容を判断する事ができる
    場合があると言う事になります。

    ですが、そのためには英語のスピードに慣れたり、
    英語の音に慣れたりしておく必要があります。

    この事から、一つの英単語にこだわるよりも、
    英語のスピードや音に慣れておく方が圧倒的に
    英会話の内容を理解しやすいと考えられます。

    また、広い意味で考えても、
    会話の中に知っている単語
    だけが出てくるとは限りません。

    一方で、英語のスピードや発音は、
    文章が変わってもスピードは同じですし、
    基本的な英語の音は同じです。

    単語の発音は変わりますが、基本の音は
    同じなので、知らない単語があった時は
    受け流してしまえば、文章の大筋を把握
    する事には大きな影響がないと言えます。

    つまり、英会話のスピードに慣れて
    英語の音を覚えれば、リスニングは
    飛躍的に上達すると考えられます。

    文法や英単語は努力した分だけ
    覚えられるので、時間がかからない
    ような気がしますよね。

    そんな事はありません。

    スピードや音に慣れる方がずっと簡単ですよ。

    百人一首と言う遊びを知っていますか?

    和歌が書かれた札を取り合う遊びですね。

    最近では「競技かるた」も流行っているので、
    よく知られています。さて、百人一首で遊ぶ
    事を考えた時、先ずは何をしますか?

    そうですね、百人一首を覚える必要があります。

    もちろん、競技かるたのように
    スピードを競わなければ、
    百人一首を覚えていなくても遊べますよね。

    また、何度も繰り返していれば、段々と
    札を取るスピードも速くなりますよね。

    このように、百人一首を聞く事は
    すぐにできて、スピードも何度かすれば、
    少しずつでも速くなっていきます。

    しかし、百人一首の意味を
    紐解くのは難しいですよね。

    古語を一から勉強して、
    その言葉の意味を考えなくてはいけません。

    また、そこに隠されている
    情景や心象を思い描く必要もあります。

    つまり、百人一首の意味を
    捉えるのは、かなり苦労する事です。

    この事からも、英会話のスピードや
    音に慣れる事の方が簡単であると
    分かるのではないでしょうか?

    つまり、英語のスピードや音に慣れる
    のは感覚的に学べますが、
    文法や英単語を身に付けるためには
    かなりの時間を要してしまいます。

    ですから、リスニング学習をする時は先ずは

    「英語の音を覚える事」
    「英語のスピードに慣れる事」

    から始めるようにした方が良いのです。

    また、文法や英単語は分からない時に
    勉強すると言う事でも問題ないでしょう。

    日本語でも同じですよね。

    知らない言葉を聞いた時は、
    すぐにネット検索で十分ですよね。

    英会話も同じですよ。

    知らない時に調べる、勉強するくらいの気持ち
    でいれば、英会話学習が負担になる事も
    なくなり、ストレスを抱える事もなくなりますよ。

    では、具体的にはどうやって
    学習していけば良いのでしょうか?

    もちろん、英語のスピードと音に慣れる
    のですから、英語を聞く事が一番ですね。

    英語を聞いていて、知らない文法や英単語
    があった時に勉強すると言うようにしましょう。

    少しずつ慣れていけば、誰だってできます。

    一気に勉強しなければならない事はありません。

    難しい事でも少しずつなら何とかなります。

    目の前に300冊のマンガが
    あっても、1日に3冊ずつ読めば
    100日で読破できますよね。

    300冊を一気に読むのは大変ですが、
    1日に3冊くらいであれば続けられますよね。

    そう言う事です。

    少しずつ頑張りましょう。

    と言う事で、「英語の音を覚える事」と
    「英語のスピードに慣れる事」については
    別の記事で話してみたいと考えています。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆