DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英会話スクールを正しく活用して英会話を身に付けよう!

    英会話を身に付けたいと思った時、最初に思い浮かぶのが英会話スクールの利用です。しかしこれだけで英会話が出来る様になるかと言えば、残念ですがそうではありません。ここでは英会話スクールの活用法について紹介します。

    英会話スクールは腕試しの場だと心得る!

    英会話スクールや教室というと、そこで英会話を学び身につける場というイメージを抱きがちであり、実際あながち間違いではありませんが、厳密に言えばそうではありません。

    毎日通うなら別ですが、週に数回のその時間だけ英語漬けになったとしても、英語をしゃべれるようにはなりません。

    英語に限らず語学関係というのは、単発的な学習では身に付ける事は難しく、継続がものをいう教科です。

    ですので、英語を本気で身に付けたいのなら、スクールだけではなく普段の学習も必須となってくるのです。

    では英会話スクールの意義とはというと、普段学んだ事柄を実際に使う場というところです。

    英語は学んだだけでは実用的な能力とはなり得ず、使う事で徐々に実用的なスキルとして昇華されていきます。

    よって、学ぶことと実践する事の両方が英語を身に付ける上では必須となるのです。

    そして、その実践の場の一例として挙げられるのが、英会話スクールや教室と言われる場なのです。

    そこで学んだことをフル活用し、ネイティブである講師と会話する事を通し、英語で会話する事に慣れ自分の言いたいことを英語へと変換するまた、相手の英語を生で聞き取るトレーニングをを行う事が出来ます。

    また自分では正しい表現だと思っていても、ネイティブの人からすればこっちの表現のほうが良いという、いわゆる英語特有のニュアンスというものがあります。

    この英語特有のニュアンスというものを学ぶ事が出来るため、より自分の英語を自然なものへと精錬させる事が出来るのです。

    他にも、ちょっと忘れがちな事の指摘もしてくれます。

    これらの積み重ねにより経験が積まれ、次第にスムーズな英会話が出来る様になっていき、自信をつける事が出来ます。

    つまり英語スクールは、日々の学習の腕試しをする場であり英語の微調整を行い、経験を積むことで自信をつける事が出来る場だと言えます。

    普段の学習もしっかりとしよう!

    先で少し触れた様に、英会話スクールが実践の場である事から、日々の学習が英語学習の要となります。

    よって、日々の生活にうまく英語学習を溶け込ませ、自分のレベルに適した学習を行う必要があります。

    初級者であれば、基本学習に重点を置きそれに合わせ目的別のスキルを身に付けていきます。

    中級者以上であれば、基本は復習程度であとは目的別のものを重点的に学習すればよいでしょう。

    この様に、日々の学習をしっかりと行ってこそ、英会話スクールを生かす事が出来るのです。

    普段とスクールでの学習を使い分ける!

    英語をきちんと身に付けるには、学習しその内容を実際に使うという、二つの過程が大切になってきます。

    つまり、プライベートにおける学習とその学習したことをスクールにおいて使う事で、バラバラだった学習内容同士をつなげる事が、実用的な英語を身に付けるには非常に重要だといえるのです。

    ぜひ皆さんも、上手く学習の場を使い分け実践的な英語を実力として身に付けて言ってはいかがでしょうか。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆