DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

英会話で緊張してしまったらこうすれば乗り切る事ができる!

    英語の学習を進めていく上で、大切になのが演習でありそれは問題集の利用や英語を聞くそして、実際に英会話をする事が挙げられます。英会話の場合相手がいる事から過度に緊張する事もあるでしょう。ここではそういった時の対処法を紹介します。

    緊張していても気にし過ぎない!

    人によってはいざ英語で会話をしようとすると、緊張してしまい何も考えられなくなってしまう、といった状態に陥ってしまう事もあるでしょう。

    この状態のとき、何が起きているかというと緊張しているところで何か話さなければという思いとあわせ、無理に落ち着こうとする事でさらに緊張しパニックに近い状態になっているのです。

    こういった時にやるべき事は、まず緊張している状態から無理に、抜けだそうとしない事です。

    一見、矛盾しているように見えるかもしれません。

    しかし、意外と効果があるものです。

    そして以下で述べる方法と合わせる事で、より効果が表れやすくなります。

    聞き役になる事から始めよう!

    緊張している状態において、無理に話そうとしても考えもまとまりづらい事から、難しい事だと思います。

    そういった時は、無理に発言をしようとはせずに、聞き役になってみましょう。

    つまり、あの気まずい沈黙を作り出さない事に集中するのです。

    それには、相手の英語を良く聞き取りそれに合わせ、相槌を打ちます。

    相手に聞いている、興味がある事が伝わる様にするのです。

    そしてこれに慣れてきたら、今度は疑問詞等を利用し質問を投げかけてみましょう。

    例えば相手が、I like the cartoon.というならこちらはWhat kind of do you like the best?等と聞く事が出来るでしょう。

    こうする事で、徐々に会話として成立していきます。

    こうして数をこなすうち、次第と緊張をしなくなっていきます。

    よって最初は、聞き役に徹する事から始め、少しずつ段階を踏んで自分からの発言数を増やしていくようにしましょう。

    聞き役になって徐々に慣れていこう!

    冒頭では、一部の人が緊張するような表現をしましたが、慣れないうちは誰しも緊張をするものです。

    しかしだからと言って、緊張しっぱなしでせっかくの英会話ができる機会が終わってしまっては、もったいない事この上なしです。

    もし本当に、緊張しているだけならばあなたの学んできたことは、必ず相手へと伝わります。

    自分の実力を図る腕試しだと、胸を借りる思いでその時のベストを尽くしてみましょう。

    その為には、聞き役になる事を通し英会話の場に慣れ、実力を出し余裕を持てる様になっていく事が、大切なのです。

    そして慣れるまでのスピードは人それぞれですので、遅くても気にする必要はいりません。

    英会話の回数をこなすうちに、一歩一歩少しずつ慣れる事ができればよいのですから。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆