DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

自身のライフスタイルや目的に沿ったレッスン選びをしよう!

    現在ある英会話レッスンのうち、初心者向けである者は1対1形式のものと、グループレッスンがあると言えます。それぞれにメリットデメリットがありますので、良く考え自分に合ったものを選ぶことが大切です。

    個人レッスンは基礎から自分のペースで

    個人レッスンの場合、講師と自分の一対一なので人の目を気にする事なくかつ、自分のペースでレッスンを受ける事ができる点が魅力の一つです。

    生徒は自分だけなので、自身の理解のスピードや思考の傾向に沿って、レッスンを進める事が出来るのです。

    また初心者の場合、個人レッスンでも日本人講師をお勧めします。

    外国人講師の場合相手が日本語がわかる保証がないため、いきなり日常英会話レベルのものつまり中学校卒業レベルが要求されますが、日本人講師であればその心配もなく学習者目線の指導を受ける事が出来るためです。

    しかし、最大の魅力はみっちりと英会話ができる事でしょう。

    一方でデメリットと言えば、担当講師次第で学習の質が左右されやすい事と、グル―プに比べ費用がかかる事が挙げられます。

    どちらも1対1という特性上のもので、言ってしまえば講師の教え方の上手い下手が、自分の英語学習に直接影響を良くも悪くも受けやすいという事です。

    また講師を一定時間独り占めするわけですからその分、費用が数倍に跳ね上がる事も覚悟せねばなりません。

    つまり個人レッスンでは、自身に合わせたものが受けられる事により一歩一歩着実に、英語を身に付ける事ができる反面、講師との相性や技量的な影響をダイレクトに受け、費用も高めだという特徴があると言えます。

    グループ形式は学習者同士刺激し合える

    一方、グループレッスンの場合、複数の日本人学習者で一人の講師とレッスン時間を共有する方式です。

    この事から、学習者同士で情報交換等ができ学習のモチベーションを維持若しくはあげる事が出来る事と、費用を比較的安めに抑えられている事がメリットとして挙げられます。

    よって英会話スクール自体が初めてだという方には、お試し感覚で受けてみるのも良いでしょう。

    しかしその場を複数人で共有しているからこそ、英語を使える時間即ち英語をしゃべる時間及び、レッスンの進み具合がメンバー次第で左右されてしまうという事また、メンバー間のレベルに差が起きやすい事から、場合によっては、自身の英語スキルの上達に支障をきたす事もありうることが主なデメリットだと言えます。

    この他にも、人前で話す事が得意でない方にとっても、勇気が必要となり不向きだといえるでしょう。

    即ち、時間と場をシェアするからこそ互いに刺激し合ったり情報を共有出来たりするからこそ、学習を進めるに当たり良い影響を受ける事が出来費用も比較的安くなる一方で、メンバーそれぞれのレベル等により、レッスンの進み具合や目的の一つである英語での発言機会が減る恐れがあり、それにより自身の上達具合も左右されかねないのが、グループレッスンの特徴だと言えます。

    英会話レッスンで英語の実力をつける!

    日々の学習は英語を学ぶ上で重要な位置を占めていますが、それだけでは知識はバラバラなままであり、実用的なものとは言えません。

    学習内容を、実用的なものとするには実際に使うことが一番良い方法です。

    その演習の場の一つとして、英会話スクールが挙げられ個人レッスンとグループレッスンという様に、自分に合わせて形式を選択できるようになっています。

    なので、これらの特徴をよく踏まえた上で選択する事が、効果的に学習を進める上で、重要だと言えます。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆