DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

自分の経済力と目標達成に見合う教材選びの考え方とは?

    自分に合った教材選びは重要でそれには、目的達成のために必要なスキルと自分の現時点の英語レベルを見定める必要があります。しかし、手に入れるにはお金が必須となります。ここではそう言った時に持つべき視点を紹介します。

    堅実的であり有効な教材選びのポイントとは?

    学習を円滑に進めるために意識すべき教材選びのポイントは、目的を達成するために必要なスキルと自分の現時点での英語のレベルを、はっきりと具体的に捉える事です。

    その事である程度の分類がされている様々な教材から、自分に適したものを選ぶことがしやすくなります。

    しかしせっかく教材を選び出しても、それを手に入れる必要がありそれには、どうしても「お金」というものが必須となってきます。

    せっかく教材と巡り合えても、それを手に入れるための経済力が必要です。

    また、学習に関してはなるべく御金に糸目はつけたくはありませんが、現実的にはお金は限られており、そういう意味ではあまり教材選びを失敗したくはないものです。

    ではどういった視点でとらえれば、現実的な教材選びが出来るのでしょうか。

    それは端的にいてしまえば、英語を必要とする具体的な理由を明確に持ちその上で、その教材を使用する事で目的を達成しうるだけのスキルを、満足いくレベルまで身に着ける事が出来るかそして、自分の経済力的にどれだけの金額を英語教材につぎ込む事が出来るかという事を、整理する必要があります。

    まず、具体的な理由を明確に持つことで自ずと必要なスキルの組み合わせが絞られ、その事で目標とすべきスキルとそのレベルを決める事が出来ます。

    そして、自分の経済力をつぶさに見つめどれだけの額を英語学習に充てる事が出来るのかを算出し、これらと教材で身に着ける事が出来るスキルとその金額を、天秤にかける様にします。

    この時想定より少し金額的に高いけれどこの教材であれば、確実に目標を達成する事が出来るという確信があり、やりくりしてどうにかなる誤差であれば、その教材を購入すると良いでしょう。

    逆にどうしても金額的に手が出ないのであれば、それを基準に同等の内容とレベルのものを、改めて探す様にします。

    これが先ほど示した、教材と金額を天秤にかけるという事です。

    なので、予定金額を算出する時には、これ以上無理だという上限を算出したほうが良いでしょう。

    つまり、具体的な目標とそれに伴い必要とするスキルを身に付けるという視点で教材を選ぶことを前提とし、自分のレベルでもその教材で理解できるかを検討しそこをクリアした場合、その教材の金額を出す事が出来るかここまでが教材選びにおける一連のプロセスと言えます。

    そして金額に関して検討する時、どのくらい自分と教材がマッチしているかも念頭に置くことを忘れないようにします。

    必要なスキルと自分のレベルを見極めよう!

    ここまで述べて来たことからもわかる様に、自分の現段階におけるレベルと、目標達成のために必要なスキルを特定する事が、教材選びにおいて非常に重要だと言えます。

    自分のレベルを図るには、インターネット等で手に入る資格関係の問題を解いてみると、一目瞭然となります。

    必要となるスキルについては、具体的シチュエーションに対して何が出来ないといけないかを、書き出すなどして整理する事で見えてきます。

    目的達成優先!だけど自分の経済力も考える

    いくら金額が安いからと、金額優先で選び結果自分に合わなかったり、身に着けるべきスキル等が記載されていなかったり等といった場合、せっかく安くてもまた購入する必要があり結局想定より出費がかさんでしまったという事態にもなりかねません。

    しかし借金をするわけにもいきませんし、お金は限られています。

    その中でより良く教材選びをするためには、目的を達成させることを優先して選びその後、金額を支払えるかを検討するといった優先順位で行うのが、一番良いといえるでしょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆