DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

自分に合った英会話スクールを選ぶ時に注意したい3つのこと

    日々の学習に対する演習の場の一つとして、英会話スクールがあります。演習は英語学習において重要な位置づけにありだからこそ、スクール選びは慎重に行きたいものです。ここでは英会話スクール選びにあたって気を付けるべき三つの事を紹介します。

    理由と学びたいことを明確にする

    英会話スクールも教材同様、目的別にカリキュラムが用意されています。

    それは簡単に言えば、目的によって身に付けるべき英語のスキルが異なるからです。

    例えば出張などで英語を使いたい場合、ビジネス英会話が基本になりますが、ここで日常会話を選択しても、ビジネス用語が含まれないため、目的に達する事は出来ません。

    よってまずは教材選び同様、なぜ英語を学ぶのか英語を何に使いたいのかを、具体的に明確化しましょう。

    そうする事で必要なスキルが見え、スクールも選びやすくなり失敗する確率も、うんと減らす事が出来ます。

    講師は目的と自分のレベルに合わせて選ぶ

    英会話スクールの講師と言っても、外国人の講師だけではなく日本人の講師がいる場合もあります。

    こういった場合、自身の目標やその時点での習得レベルに合わせ選ぶことが、重要となってきます。

    まず外国人講師である場合、英語特有のイントネーションや間のおき方また、表現やニュアンス等といった面を学ぶのであれば、選択肢としては適切だといえるでしょう。

    しかしこの場合、教える為の知識を持っていない場合が多く分かりやすさから言えば、難ありと言えます。

    よって端的に述べてしまうと外国人講師を利用するなら、中から上級者レベルか初級者であれば、発音重視という場合が適切と言えます。

    一方日本人講師の場合は、理解度が優先される初級者向けと言えます。

    何故なら日本人講師の場合、元学習者である事から学習者が陥りやすいポイントや傾向が分かるはずでまた、英語を教える為の知識を有している事がほとんどであり、学習法や文法的表現的質問をする事が出来るためです。

    また長期留学経験者である場合も多い事から、相応の英語スキルは有しているはずです。

    即ちここまでを一言で表すなら、基礎ができたうえで英会話のさらなるスキルアップを狙いたいのなら外国人講師を選び、基礎をきちんと固めたいのであれば日本人講師を選ぶと良いと言えます。

    つまり、理解度重視か実践重視かというところです。

    料金システムをチェックしよう

    英会話スクールの場合、教材を用いるよりも比較的費用が掛かりやすくなっています。

    であるなら尚のこと、料金体制はきちんと把握したいものです。

    現在、英会話スクールにおいて使われている料金体制は、月謝制とチケット制また一括払いがあります。

    よってこれらのメリットデメリットをよく把握し、自分のライフスタイルや性格などを加味し、選ぶことが大切です。

    月額性のメリットとデメリット!

    月額性の場合、毎月予定するレッスン文事前に支払ういわば、学校方式です。

    ですので、毎月決まった金額を支払えば済むので、長期的な予算計画が立てやすく1回の支払額も、比較的抑えやすい傾向にあります

    また受講してみて、どうしても合わないといった場合や思いのほか時間が取れない等といった、あらゆる理由による中途解約がしやすいといったメリットがあります。

    一方事前支払なので、欠席や予約変更時においては実際の受講日数よりも多く、結果的には払う事になる可能性があります。

    よってこういった場合における、予約の柔軟性や返金等の対応をしっかりと確認しておく必要があります。

    一括払いとチケット制のメリットデメリット!

    一括払いとチケット制の共通点は、中長期的な費用を一度に支払うという点で、多くの大手スクールが採用している方式です。

    一括払いであれば、4カ月や半年一年スパンで受講前に契約し支払いますので、受講歴が長期になるにつれ易くなっていく傾向があります。

    一方チケット制の場合には、事前にチケットをまとめ買いする事で授業単価としての料金を、安く抑えやすい傾向にあります。

    更に、実際にレッスンを受ける時に渡す事になるため、余分に支払う状況を避ける事が出来ます。

    しかし、先に触れた様に中長期的な費用を一度に支払う事から、一回の費用も十数万と高くまた、理由に関わらず中途退会をしにくいというデメリットがあります。

    よって一括払いおよびチケット制の場合、スクール側から契約前にきちんとした説明を受ける事が、非常に重要になってきます。

    また一度、無料見学をして現場を見てみるのも良い手です。

    その時、強引な勧誘や売り込みをしてくるようなスクールは、却下する様にしましょう。

    三つの事に気を付けてよいスクール選びを

    英会話演習の場として、有効な手段の一つである英会話スクールですが、相応の経済的時間的資源を要します。

    せっかく同じ資源を使うなら、よりよく自分に合った英会話スクールを選びたいものです。

    それには、目的を明確にし講師を外国人か日本人かを選び料金体制もきちんと把握する事が、非常に大切になってきます。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆