DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

自信と忍耐力がある人向け辞書を使う究極のリーディング学習法!

    リーディングする力があると、英語のニュースや雑誌等が読めるだけでなく資格検定や学校のテストにおいても、大きな点数原となります。ここでは、様々にあるリーディング学習法の中でも特に期限付きの中で身に付けるための学習方法を紹介します。
     

    辞書で語彙数を増やそう!

    &nbsp
    きちんとしたリーディング力には、単語力と文法力の両方を必要としますがこれらをある程度きちんと身に付けるには、学習者の現時点でのレベルに応じた相応の期間を要します。

    しかし、資格検定や学校における試験などにおいては期限が定められており、全場合によっては短期間での習得も余儀なくされ、そうした場合にはどうしても付け焼き刃的にならざるをえません。

    しかし、これから紹介する学習方法であれば相応の忍耐力を要しますが、比較的その場しのぎ的なものでは無い力を、身に付けられるといえます。

    というのも今回紹介する学習法は、辞書を使いとことん単語を調べるからです。

    つまり、長文を読みつつ新しい単語を覚えることで断片的でも、意味を取れるようにするのです。

    なぜ単語力だけでも通用するのかというと、単語の意味さえ分かってしまえば文法がわからなくても、ある程度であれば単語の意味から文全体の意味を推測することができるからです。

    なので、ここではひとまず文法的学習は置いておきます。

    教材の英文を辞書を片手に読んでいこう!

    &nbsp
    この学習法においては、イディオムと単語を合わせておおよそ2,000語使われている教材を用います。

    具体的な学習法としては、テキストの長文を読み進めわからない単語に出くわす度に、辞書で単語の意味を調べていくだけです。

    よくあるリーディングの学習法では、文章内容の理解を重視しますがここではあくまでも、単語の意味を調べ覚えることだけに重点を置きます。

    なので、使用する英文のレベルはこの際問題とはならず学習者のレベルも、学習に影響しないためいわば初心者でも取り組む事が出来ると言えます。

    その一方で、自分ならできるという自信と結果が現れるまでの忍耐力を必要とする学習法です。

    しかしそれに耐えることさえできれば、確実に英語を読めるようにはなります。

    後から文法も学ぼう!

    &nbsp
    といっても、やはり文法的知識を無視した方法ですのである程度複雑な文となってしまいますと、間違った解釈をしやすくなってしまいます。

    なので、後から少しずつでも文法学習を、行う事をお勧めします。

    語彙数を増やして意味を推測しよう!

    &nbsp
    今回紹介した学習法は、文の内容にとらわれず単語の意味だけに焦点を当て、リーディング力を養うものです。

    こう聞くとやはり付け焼刃のように感じるかと思いますが、短期間で単語と文法の両方を学び結果、両方とも中途半端となってしまうよりも、単語力だけでもしっかりと身に付けられる分恣意性は低くなります。

    なので、これにあわせ文法学習を後から行うとより強固なリーディング力と、する事ができます。

    また、内容にとらわれないにしろたくさんの英文に触れる事が出来るので、英文慣れを図る事ができ、速読や多読のための土台作りも兼ねる事が出来るという、まさに一挙両得の方法と言えます。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆