DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

聞き取れても話せないなら英会話の実践が不足しているだけ!

    英会話をするには、聞き取れ理解できるだけでなく、自分で考え話す事が出来なければなりません。しかし日本人の多くは、聞き取れても話せないといった人が多いのが実情です。ここでは、そうなってしまう理由と対処法を紹介します。

    話せない原因は学校教育にある!

    英語を書けて聞けて読める、なのに話せないこういった場合主に、英会話の練習不足である可能性があります。

    日本における学校教育では、英語の授業の場合英文を読んだり書いたりまた、聞いたりといった学習は念入りにされますが、英語を使い自発的にしゃべるような学習は、圧倒的に少ないと言えます。

    つまり、日本人が英語を学ぶ一番大きい機会である、学校教育自体で英語を使い自ら学ぶための機会が不足している事から、日本人は英語を使って話す経験が足りないだけなのです。

    英会話の機会を自分で見つけよう!

    だからといってその状況に甘んじ、諦めてはいけません。

    学校英語教育に偏りがあるだけで、英語を話す機会を全く作り出せない訳ではないからです。

    例えば、英会話スクールやオンラインでの英会話レッスン等があります。

    英会話スクールであれば、マンツーマンの指導をしてくれるものやグループワーク形式のものがあり、自分に合わせ選択する事が出来ます。

    一対一で耐える事が出来るのであればマンツーマンを、そうでないのではグループワーク形式が良いでしょう。

    但し発言の機会を沢山作る事が出来かつ、自分に合わせた指導を受ける事が出来るのは、マンツーマンだといえます。

    オンラインレッスンであれば、家に居ながらレッスンを受ける事が出来るため、時間的な都合も比較的都合がつけやすくなっています。

    経済的な面に関しては、紹介した順にかかりますがその分受ける事の出来る内容も、より実際に近いものとなると言えます。

    この様に、自分のライフスタイルや性格等を加味し、英語でしゃべる機会を自分で探し出し、実行する事が大切になってきます。

    どんどん使って英語に慣れよう!

    国際化の潮流の中、以前に比べ外国人と接する機会は日本においても増加してきてはいますがいざ、学習のため強いてはコミュニケーションを図る為に、外国人と話そうとしてもそこまで身近では残念ながらありません。

    また学校における英語教育に関しても、自発的に英語を使い話す様なものではなく従って、英語に慣れる事が出来る機会が不足していると言えます。

    よって聞き取れる事が出来るのに、いざ英会話となると出来ないという場合、単に英語を話す事に慣れていないだけと言えます。

    つまり、話す場数を踏み英語を話す事に慣れる事で、いつの間にか自然と口から英語が出る様になるのです。

    そしてこの場合、英会話スクールやオンラインスクール等を利用し、外国人相手に英語で話す機会を、能動的に作る事が重要となってきます。

    万が一聞き取れもしないといった場合には、基本的な学習を要しますが、今回の話題からそれてしまいますので割愛します。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆