DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

目で見て耳から聞いて実践的なリスニング力を身に付けよう!

    初心者の場合、当然ながら一からリスニング力をつけていく必要があります。ここでは、その為に効率よく学習するためのポイントについて紹介していきたいと思います。
     

    いきなり完璧を目指さない様にしよう

    &nbsp
    何らかの目的を持ちリスニング学習を行うと、どうしても最初から全部を聞き取ろうとしてしまいがちですが、それはある意味無謀かもしれません。

    というのも、英語と日本語では発音やイントネーションまた早口時の聞こえ方が異なるので、それに脳と耳が慣れて初めて聞き取れる様になるからです。

    よってこの事をきちんと理解し、焦らずきちんと学習を重ねる事がリスニング力向上のカギだと言えます。

    また使用する教材は、CDとテキストがセットになったものを選ぶ様にすると、以降で紹介する勉強法が行いやすくなります。

    CDとテキストを使いこなせ!

    &nbsp
    初心者レベルの場合、英語を聞き取る為の下地が出来ていませんので、この下地が出来るまでの間そのかわりが必要になってきます。

    そこで、事前に英文の内容を頭に入れておくと、それが下地の代わりになりリスニングをし易くなります。

    ある程度上達した人は、下地が出来上がっている状態ですので私たちが日本語で会話する様に、聞きながら内容を理解する事ができます。

    しかし下地がない初心者はそれができませんので、事前に内容を頭の片隅においておくことで、そこから英語を推測する事が出来る様になるのです。

    よって初心者はまず、テキストによってCDの内容を単語の意味や文法的な観点から理解し、その後にCDを使って発音やイントネーションに留意しながら繰り返し聞き続けます。

    この様に、テキストを活用しつつCDにて繰り返し聞く事が、初心者にとっては特に重要でありポイントであると言えます。

    聞いて確認して聞くを繰り返す!

    &nbsp
    では、具体的な学習順について説明していきます。

    まずは一度、聞いてみてどの程度聞き取れ理解できるかを確認します。

    ここではあくまでも、小手調べ的な位置づけですので出来なくても、あまり落ち込む必要はありません。

    次にテキストを用いて、知らない単語や文の理解できない箇所をチェックし理解します。

    そして最後に、繰り返し聞く段階へと移ります。

    尚、何度やっても聞き取れない場合には心が折れてしまう前に、無理せずテキストを見ながら行う様にしましょう。

    この場合、目で文字を追う様にするのがポイントです。

    こうする事で、英語特有のリズムを体で感覚的に覚えていきます。

    そうすると、なんとなく聞き取りのコツの様なものが掴めてくるのです。

    また頭の中でカタカナに変換せず英語本来の発音をそのまま受け止めるような感覚で、聞いていくようにする事も重要となります。

    何故ならもしカタカナ英語が身に付いてしまうと、後々のリスニング力に悪影響を及ぼすばかりでなく、自身の発音も日本語英語的なものとなる一因だからです。

    よって初心者レベルにおいては、テキストを補助役として適宜活用しCDにより繰り返し、英語を聞く学習法が効率的かつ確実であると言えます。

    懲りずに何度も聞き続けよう!

    &nbsp
    ここまでくれば後は、いく度も繰り返し聞いていく事が重要になってきます。

    何度も英語を耳に入れることで、脳が英語に慣れていくからです。

    なので、スキマ時間等を利用するまた飽きたらただかけておく等の工夫をして、積極的に英語を聞く時間を確保していく事が、効率よくリスニング力を上げるためのポイントだと言えます。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆