DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

発音学習に使う英語教材は三種類しかないと考えよう

    発音学習できる英語教材とは?英語教材の種類。分かりやすい英語教材は?動画で学習する発音。CGで学習する発音。発音の勉強で理解しやすい教材は?口の中が見える英語教材。おススメ英語教材。

    発音学習に使う英語教材は三種類しかないと考えよう

    世の中にはたくさんの英語教材があります。もちろん、発音を勉強するための英語教材もたくさんあります。ですが、それぞれの教材で学習方法は異なるのでしょうか?

    例えば、漢字の勉強をする時の事を考えてみましょう。漢字と言えば、小学生の時などに使った「漢字ドリル」が一番に思い付く方も多いと思います。

    内容を簡単に思い出すと、読み方が書いてあって漢字を書き込んだり、その逆だったりする物でしたよね。では、他にはどのような教材があると思いますか?

    例えば、パズルゲームのような形で漢字を勉強するタイプなどもありますね。ですが、どれも教材は本と言う形で、その内容が違うだけです。

    もし他の形で漢字を勉強するのであれば、「学校の授業」や「インターネット」と言う事も考えられます。後は……と考えても、何十種類も思い付く事はありませんよね。

    これは、英語の教材でも同じです。

    発音学習の英語教材はたくさんあっても、その種類は豊富ではありません。内容や学習方法が違うだけで、結局はたったの三種類と言う事になります。

    そこで、その三種類を順に説明していきましょう。

    【英語教材の三種類はコレだ!】

    1.テキスト方式で学習するぞ!

    2.今時は動画で学習するぞ!

    3.学習にCGを使うのが最新だ!

    さて、簡単に三種類を挙げてみましたが、最初の二つは想像できる方もいるでしょうね。ですが、ここは完全に解説する事が目的なので、1から順に説明します。

    分かっているから飛ばそう……なんて考えていると、大切な話を読み落としてしまうかも知れませんよ。

    では、解説始め!

    【テキスト方式で学習するぞ!】

    テキストで学習すると言うのは、どのような事を学ぶ場合でも王道だと言えます。英語でなくても、漢字やスポーツでもテキスト学習はあります。

    自分の都合に合わせて一人でも勉強できるので便利ですよね。でも、これって分かりにくいと思う事がありませんか?

    発音を勉強するための英語教材の場合、テキストの内容は「口の開け方」や「発音する時の注意点」が書いてあります。

    前に話しましたが、発音では「口」と「舌」と「声帯」の使い方が重要です。例えば、テキストの図に口の開け方や舌の位置などが書かれていても、それは動く事はありません。

    一方で、発音する時には舌が動く事などもあります。日本語の「ラ行」の発音では舌が動いていますよね。

    テキストの図では、その動きが理解できないと言う事になります。注意点として説明されても、イメージがわきにくいと言う欠点もありますね。

    また、多くのテキストにはCDが付いています。そのCDで発音のチェックができると言うのですが、これも問題です。

    なぜならば、次の事が関係しています。

    自分の声を録音して聞いた事がありますか?

    普段から聞いている声と違うとは思いませんでしたか?

    そうですね、自分の耳で聞いている声と録音して聞く声では聞こえ方が全く違います。それならば、CDを聞いて発音をチェックすると言うのは不十分です。本当にチェックするためには、発音を一度録音しなければなりません。

    とはいえ、最も簡単に手に入る上、手軽でもあります。この手の参考書は数千円で購入する事ができます。

    【今時は動画で学習するぞ!】

    さて、今ではDVDが付いている本も珍しくないですよね。この点に目を付けた英語教材が、動画で発音学習できると言う物です。

    基本的な部分はテキスト方式と同じです。ですが、分かりにくい部分を動画で補うと言う方法になっています。動画は、ネイティブスピーカーの発音の様子を録画した物です。

    テキストの動かない図と比べると、遥かに分かりやすくなっていると言えますね。視覚的な面でも理解を助けてもらえるので、テキストだけよりは良いでしょう。

    このタイプの英語教材にはUDA式と言う物があります。しかし、口の開け方などは分かっても、舌の使い方が分からない点ではテキストと同じですね。

    不十分とは言えませんが、舌の動きも分かればもっと良くなると思いませんか?

    その点を補ったのが、次の教材です。

    【学習にCGを使うのが最新だ!】

    さて、動画で学習すれば、手本となる人が目の前にいるのと同じなので便利ですよね。しかし、発音をしている様子を撮影しているだけなので、口の中の様子は分かりません。

    発音でも重要と思われる「舌をどうするのか?」と言う部分が分かりにくいままです。そこで、舌の動きをCGで再現してしまおうと言うのが、このタイプの英語教材です。

    テキスト方式で足りない部分を動画で補い、動画でも分かりにくい部分をCGで補うのです。

    普通であれば、目の前にネイティブスピーカーがいても口の中の様子は分かりません。この口の中の様子が分かると言うのは、とても画期的です。

    今まで分からなかった部分が視覚的に理解できるので、英語教材の中では最も発音方法が分かりやすいと言えるのです。

    もちろん、CGも動画になっているので、細かな動きまで分かります。

    この方法は分かりやすいだけでなく、視覚的に理解できるため、正確な発音の方法をすぐに理解できると言うメリットがあります。CGで学んだ通りに口や舌を使うだけで、発音は正しくなるのです。

    とても画期的な教材と言えます。

    しかし、このような英語教材がたくさんある訳ではありません。

    今は「ネイティブスピーク」だけです。

    「効率的な発音学習が行える点」と「普通は見えない口の中の様子が分かる点」を考えるだけでも、他の方法で発音の勉強をするよりは良いと思われます。

    以上のように、発音学習をする時には三種類の方法から一つを選択して、それに合った教材を購入する事が良いと考えられます。

    もちろん、テキスト方式を選んではいけないと言う事はありません。手軽に手に入ると言うメリットもありますからね。

    でも、それなりのお金を払って発音学習するのであれば、ネイティブスピークのように分かりやすくて正確な発音が最も早く身に付く方法を選ぶ事がおススメです。

    ここまでは、発音の学習方法や発音学習の始め方などを解説してきました。もちろん、最後は発音学習の教材を紹介します。

    同じように勉強するのであれば、正確な発音をすぐに習得したいと思うはずなので、その教材を紹介しますよ。そうですね、先程も出てきた教材です。

    良いか悪いかの判断は、話を聞いてからでも遅くないですよね?

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆