DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

発音学習で注意したい事って何ですか?

    発音学習の注意点。カタカタ英語に注意。日本語で発音しない。スペルに気を取られない。同じスペルでも発音が違う。オーディオ機器を使って発音練習する。英語のリズムに注意する。リズムを習得するように練習する。

    発音学習で注意したい事って何ですか?

    発音学習では上手く練習をしないと失敗してしまいます。

    妙なクセが付いてしまったり、ネイティブに聞き取ってもらえなくなったりします。

    また、気を付けておきたい事もあります。

    そこで、発音学習で注意しておきたい事をまとめておきましょう。

    日本語で発音しない事!

    一番注意しておきたい事は、カタカナ英語にならない事です。

    英語と言いながら、発音だけが日本語のままでは英語を勉強している意味がありません。

    何よりも、日本語の発音ではネイティブは日本語と言う認識を持ってしまいます。

    これでは聞き取ってもらう事はできなくなります。

    最低でも、ネイティブが英語として認識できる程度までの訓練は必要です。

    ここまでできて、最低限だと思っておきましょう。

    そうでなければ、絶対に英会話はできませんからね。

    英語のスペルに気を取られない事!

    発音練習をする時は、英語のスペルに気を取られ過ぎてはいけません。

    日本語は、同じ文字で違う発音をする事はありません。

    しかし、英語では全く同じスペルであっても、違う発音をする事があります。

    つまり、英語のスペルを見ながら発音学習をすると、正しく発音できない事があるのです。

    そこで、発音学習では、オーディオ機器を使って学習するようにしましょう。

    聞こえてくる英語の音声を真似して、その通りに発音する練習をしましょう。

    こうすれば、スペルが同じだからと言う理由で発音を間違える事はなくなります。

    リズムに注意しておこう!

    英語にはリズムがあります。

    一つの単語の中にもアクセントがあります。

    日本語には、このようなリズムはありません。

    そこで、この英語にあるリズムを上手く発音できないと、ネイティブには聞き取りが難しくなってしまいます。

    このリズムに注意して発音の練習をしましょう。

    最後にまとめておきます。

    1.日本語の発音にならないように気を付ける。

    2.聞いた通りに発音するようにする。

    3.リズムに注意しておく。

    この点に注意して発音学習を進めましょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆