DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

発音や英語のリズム習得には洋楽が良いって、本当ですか?

    発音学習法。英語のリズム習得。強く発音される単語と弱く発音される単語。機能語とは?抑揚を身に付けるには洋楽を聞く。洋楽で発音や英語フレーズを学ぶ。スピーキングの効果もある。ネットで手に入る洋楽から。

    発音や英語のリズム習得には洋楽が良いって、本当ですか?

    英語には、日本語と違ってリズムがあります。

    簡単に言えば、日本語では全ての単語を同じように発音して会話します。

    でも、英語は重要な英単語を強く発音して、前置詞や冠詞などの英単語を弱く発音しています。

    この事により、英語にはリズムが生まれます。

    日本語で言えば、抑揚があると言う感じですね。

    考え方を変えると、大切な単語を強く言ってくれるので分かりやすいとも言えますね。

    しかし、日本人は、このリズムがある会話に慣れていません。

    また、西洋で使われている言語の多くが、このようなリズムを持っています。

    つまり、英語のリズムに慣れる事ができなければ、他の言語でも苦労すると考えられます。

    そこで、英語の発音学習では、このリズムに慣れる事も大切になります。

    強く発音される英単語と弱く発音される英単語。

    英語では「キーワード」になるような英単語を強く発音します。

    具体的に言えば、動詞や名詞などが相当します。

    主語にもなる名詞が明確になれば、動作の主体が明確になると言う考え方ですね。

    また、動詞をハッキリさせる事で、どう言う事を言いたいのかを明確にしている訳です。

    考え方次第では、これだけでも会話の大筋は理解できるとも言えます。

    そして、残りは弱く発音される英単語です。

    こちらは前置詞や冠詞などが相当します。

    一般的には機能語と表現されます。

    機能語は、文法上の役割が主な機能であり、言葉としての意味を持っていない語の事です。

    簡単に言えば、意味はないけど、それがないと困ると言う英単語です。

    冠詞・前置詞・関係詞・接続詞などが主な機能語です。

    つまり、会話の大筋には深く関与していない英単語なので、会話の相手にシッカリと伝える必要がないと言う考え方なのかも知れませんね。

    このような事から、英語では日本語にはないリズムが生まれます。

    英語のリズムは洋楽で学ぼう!

    英語のリズムについて、どうやって勉強すれば良いですか?

    このように聞かれる事も少なくありません。

    もちろん、英語教材を使って、何度も英語を聞く事が基本的な学習方法かも知れません。

    そうすると、ネイティブが発音している物を真似る事ができるので、英語のリズムに慣れる事も早いでしょう。

    真似る事が難しいようであれば、初めは聞くだけでも十分な効果があるので、何もしないよりは良いでしょう。

    でも、少しでも学習効果を出したいのであれば、自分で音読する方が良いのは言うまでもありません。

    そこで、一つ楽しい学習方法を紹介します。

    それは洋楽を聞く事です。

    有名な物でなくても、自分が好きな洋楽で構いません。

    洋楽を聞けば、その曲が有名であるかどうかに関係なく、英語のリズムを習得する事ができます。

    そして、歌詞を確認しながら一緒に歌ってみれば、その効果は倍増します。

    英語のリズムだけではなく、単語の発音や英語のフレーズも勉強できます。

    ある程度はスピーキングの効果もあるので、とてもオススメですよ。

    しかも、単純に歌詞と曲を覚えて歌っているだけでも、英語のリズムを習得していけます。

    たくさん聞けば、それだけリズム習得につながりますし、気の利いた英語フレーズも学べて良いでしょう。

    特に有名な曲はネット上で歌詞も手に入りますし、無料動画を見る事もできるので、空いた時間に試してみるつもりで始めてみましょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆