DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

発音とアクセントを練習して通じる英語を身に付けよう!

    通じる英語は発音とアクセントから。発音記号を学ぶ事から始めよう。発音の学習方法とアクセントの学習方法。発音記号通りに口を正しく動かせるようになる。電子辞書や英語教材でアクセントを確認。

    発音とアクセントを練習して通じる英語を身に付けよう!

    英語を話す練習をしているのに、全くネイティブに通じないと悩んでいませんか?

    その原因は、発音とアクセントにあるかも知れませんよ。

    なぜならば、発音とアクセントが悪いと、ネイティブが上手く聞き取れないからです。

    そこで、英語学習を始める時に発音記号を学習しておく方が良いでしょう。

    発音記号が読めれば、分からない英単語は辞書を引くだけで発音する事ができますからね。

    でも、発音記号って簡単には読めませんよね。

    そこで、発音の勉強の仕方を教えましょう。

    発音の勉強方法は?

    先程も言いましたが、発音記号を読む事ができれば問題はありません。

    でも、簡単には読む事ができないので、一つの目標を持って学習をしましょう。

    その目標とは、発音記号通りに口を正しく動かせるようになる事です。

    この発音記号の時は、このように口を動かして発音すると言う具合に勉強していきます。

    つまり、直接発音記号が読めなくても、発音記号が示す口の動かし方を理解すれば、それは発音記号が読めているのと同じと言う事です。

    よく注意しておかなければならないのは、適当にやってはいけないと言う事です。

    しばしば「何となく」や「こんな感じ」……など、自分なりに発音する方法を身に付けてしまう方がいます。

    最初はそれでも困る事はないでしょうが、必ず後悔する事になります。

    特に中級者以上になると、自分なりの発音方法では成長が見込めません。

    TOEICで600点を超えるスコアの方でも、RとLの区別ができない方もいるようです。

    だから、初心者の時から正確な発音ができるようになっておいた方が良いと思います。

    でも、発音記号は50程度あるので、初心者にとっては大変な作業になります。

    そこで、発音学習をする時には、英語教材を利用した方が良いでしょう。

    自分で学習するには限界もありますし、英語教材を利用すれば、効果的に短時間で習得する事ができますから。

    最近の英語教材は便利な物も多く、かなり進化した教材もあります。

    また、昔からある教材は効果が実証されていたり、経験者が多くいたりするので、英語教材に不安を感じる方は、そう言う教材を使ってみるのが良いでしょう。

    アクセントの勉強方法は?

    アクセントの学習は分かりやすいと思います。

    発音は面倒な部分も多くありますが、アクセントは英単語を聞けば一発ですね。

    その点では、耳からは入れる物を使う事が良いでしょう。

    例えば、リスニング学習ができる英語教材を使う事も一つの方法です。

    電子辞書のように音声を確認できる英語の辞書を利用するのも手軽ですね。

    とにかく、耳で聞ける事が一番です。

    後は、それを自分で繰り返すだけです。

    反復練習をする事が大切です。

    一つでも多くの発音やアクセントを習得するためにも、やはり音声が確認できる物が良いと言えます。

    英語教材を買う余裕がなければ、比較的安く手に入る電子辞書がオススメですよ。

    音声が確認できるのであれば、それがCDでも良いですよ。

    とにかく、自分が使いやすい物を探してみましょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆