DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

独学で英会話を習得するコツ!

    このご時世、様々な理由から英会話を学ぼうという方も多い事でしょう。しかし、苦手な人にとっては気の重い事でしょう。ここでは独学で英会話の学習を進めていくうえで、必要な心構え等のコツを紹介していきます。

    地道な継続が成功のカギ!

    英語といった語学的なものは一長一短で何とかなるものではありません。

    それは、ネイティブの人たちは赤ちゃんの頃から使っている一方、私たちはある程度大きくなってから若しくは大人になってから、学び始める分どうしてもスタートダッシュが遅くなってしまうからです。

    つまり地元の人たちが幼いころから時間をかけ知らず知らずのうちに学ぶものを、意図的に学ぼうという分労力と時間が余計にかかってしまうのです。

    なので英会話をきちんと本気で学ぼうと思うなら、気長にあせらず構える心づもりでいる事が大切です。

    またその事から、勉強時間を決めそれを毎日こなす事が大事です。

    日々英語に触れる事で、英語に慣れる事ができ反復学習にもなるため、頭に残りやすくなるのです。逆に間が空きすぎてしまうと、どうしても忘れやすくなってしまうのです。

    とにかく毎日同じ時間の長さを英語の勉強に充て、英会話に必要な「単語力」や「使うシチュエーションと結びついたフレーズ」を、頭に叩き込む事が最低条件です。

    もし基本が出来ないという方であれば、それらを補いながら日々取り組む必要があります。

    自分に合った教材・参考書の選び方

    毎日コツコツ取り組んだとしても、自分に合った教材や参考書を選び使用するようにしないと、効果があまり出なかったり逆に分けわからなくなったりしてしまうからです。

    また普段の日常生活を送りながらが前提でしょうから、時間的な制限もかかってきてしまいます。

    つまり、限られた時間の中で効率的に英会話の勉強に取り組むには、自分に合った参考書や教材選びが最低条件だといえるでしょう。

    ではどうしたら、自分に合うものを選ぶ事が出来るのでしょうか。それは、「自分のレベルに合ったもの」であり、「会話に必要な単語やフレーズを学べるもの」そして「聞き取りの練習が出来るもの」といえるでしょう。

    まず単語とフレーズに関しては、ひたすら覚えるしかありません。これらは単語帳やフレーズ集が市販されていますので、なるべくなら購入しましょう。

    単語帳購入時、自分のレベルが分からないという方や基本に不安がある方は、中学生向けのものや初級的なもので段階的になっているものを選べば無難でしょう。

    フレーズに関しては英会話に特化したものでなるべくシチュエーションが絵図されているものを選ぶ様にしましょう。何故なら、フレーズだけを覚えてもそれは暗記だけとなってしまい、生きた力とはならないからです。

    また基本からきちんと積んでいかないとそれは、ただの付け焼刃となってしまい生きた力とならないばかりか、忘れやすいものとなってしまうからです。

    そして聞き取りに関しては、自分の単語量に応じた教材でシャドーイングを行う事が肝要といえるでしょう。ある程度意味が分からないと、速度に追いついていないのか単語が分からないだけなのかが分からないからです。

    シャドーイングとは、聞こえてくる英文に合わせちょっと遅れるぐらいのスピードで繰り返す練習法です。

    例えば、It’s sunny today. So I will go to the walk.(意味:今日は晴れです。なので私は散歩に行くつもりです。)という文が流れてきたら、聞こえてきた直後にそれをIt’s sunny today. So I will go to the walk.という様に口に実際に出すのです。

    この事から先ほどあげた英会話用の参考書選びとして、CDが付いているものという条件も付けくわえられることとなります。

    つまり、CDがついていてフレーズを使うシチュエーションが絵図されている英会話向け参考書、という事となります。もしこれらの条件を満たさなければ、2冊に渡ってしまっても良いかと思います。

    自分に合った教材で行う毎日の鍛錬がものを言う!

    つまり英会話を学ぶに当たり必要な教材は、自分のレベルに見合った覚えやすい単語帳及びフレーズ集そして、CDつきの英会話参考書といえるでしょう。

    英会話参考書に関しては、場合によってはフレーズ集を兼ねてしまっても良いでしょう。

    これらを駆使し、毎日同じ長さの時間地道に気長に取り組むことが、一番効率的で力になる独学といえるでしょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆