DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

海外に行く目的によって必要とする英語が変わってくる!

    海外に行く目的は人それぞれです。また現在、海外のほとんどが英語圏となっています。しかし、英語と言っても行く目的によって、最低限に必要なものが異なってきます。ここでは特に、出張や留学そして旅行に焦点を当て紹介します。

    出張なら日常会話と専門用語を学ぼう!

    いきなり下された海外出張、英語と言えどどこから学習に手を付ければよいのか、わからなくなります。

    海外への出張の場合、プライベートにて必要となる日常会話と職業別の専門用語が、学習すべき対象となります。

    たとえ仕事場で通訳がついたとしても、プライベートまでカバーしてもらう訳にはいきませんし、自分で最低限の意思疎通が可能であれば気軽に外出等ができ、せっかくの海外生活を満喫する事が出来ます。

    また仕事場であっても、簡単な英語を使い自己紹介や会話をする事で、相手の印象はぐっと良くなります。

    日本と外国の文化の違いにおいて、積極性があります。

    端的に言えば、日本より外国の方が積極性は重視されるのです。

    よって、相手にとって片言であっても簡単な英語で、意思を伝えるだけでも通訳者に任せきりよりも、積極的に捉えられ印象は良くなり商談等の成功への一助となってくれる事でしょう。

    日常会話を習得するには、中学校卒業レベルの内容が必要となってきます

    これらは基本学習にあたるので、地道な学習とはなりますが少しでも学習を進めておくことで、赴任先で過ごしやすくなったり円滑に業務を行い易くなったりする事でしょう。

    自然な英語を聴き取れる様になり留学へ!

    留学の場合目的の性質上、自己表現がより重要視されます。

    また、ちょっとした挨拶から自己紹介また質疑等から日常的な会話まで、必要となります。

    よって中学校卒業レベルの内容に合わせ、ネイティブスピーカーのイントネーションや発音を聴き取る事が出来る様になる必要があります。

    これらを身に付けるためには、初級者のための英会話教材や中学生向けの単語また、文法の学習を行う必要があります。

    そしてこれに加え、リスニングの学習が必要となってきますが、ネイティブの発音やイントネーションが、聞き取れなくてはならないため教材で基礎を積んだ後は、洋楽やyoutube等で耳を慣らせておく必要があります。

    ツアー旅行であればシーン別のセリフを!

    海外旅行の場合、個人で行くものと代理店によるツアーを利用するものがあります。

    ツアーである場合、代理店によるサポートや参加者同士である場合がほとんどである事から、英語の必要性としてはあまりないかもしれません。

    しかし通訳を必要とする場合、一人で行動が出来ませんが簡単な英語だけでも、使える様にしておくことで、より気楽に楽しむ事が出来ます。

    よって日常会話に加えるべきは、シーン別のせりふだと言えます。

    空港での通関時の会話や現地における買い物での会話等の、自分で出来たほうが便利だと想定されるものに重点を置き、学習をしていきましょう。

    個人旅行では中級程度の英会話を

    ツアーとは異なり個人旅行の場合、宿泊先の手配から現地での行動のすべてに至り自身で行わなければなりません。

    よってそれ相応の、レベルの英語能力を必要とします。

    例えば、宿泊先の手配であれば説明分を読む能力や電話応対の能力を要しますし、移動であれば行き先を告げる文句を知っている必要があります。

    この様に、現地で暮らす人々さながらのレベルが要求されます。

    よって、中学校レベルの英語はもちろんこれに加え高校受験レベル英語そして、旅行者向け英会話を習得する必要があります。

    中高レベルの学習は先に挙げたとおりですが、旅行者用英語は専用の参考書にて学ぶ事が出来ます。

    目的に合った英語を身に付けよう!

    中学校レベルという基本英語を土台に、必要となる英語は目的によって様々であり、自分の渡航目的に合わせ、必要な英語をカスタマイズして学ぶ事が、効率の良い学習へと繋がります。

    また学習に必要な期間は、個人により様々であるので明言はしませんでしたが、遅くても半年前には基礎学習を始める様にしましょう。

    英語の学習は積み重ねが大切です。

    十分な期間を確保し、自分の目的に沿った英語の学習を基本的な学習と合わせ、行う様にしましょう。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆