DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

流れる様に英語を話すなら耳で聞いて口にだそう!

    流暢に英語を話すさまは、英会話を学んでいるうえで憧れとなるものです。この様に流暢に英語を話せる様になるのには、英語だけの発音の仕方というものを習得する必要があり、その為には特有の音というものを知る必要があります。
     

    発音を日本語に当てはめない様にしよう!

    &nbsp
    英語特有の発音等を学ぶ際、私たちは良く発音記号やカタカナによるルビを振り、理解を試みます。

    しかし、こういった方法はあまり良いとは言えません。

    発音記号の場合正しく理解できれば、単語の発音を知るための指針とする事は出来ますが、この発音記号の指し示す音を正しく認識するには結局のところ、繰り返し聞き発音するという事が必要になるのです。

    またカタカナルビに関して誤解を恐れず言うならば、もっての外と言っても過言ではありません。

    確かに初心者である内は、学習を進めるにあたり必要とも言えますが発音記号でいうところの、aeで表されるような音である場合カタカナでは表しきれません。

    よって、きちんと英語固有の発音を身に付けるには、発音記号やカタカナルビだけに頼り切るのは、賢明とは言えません。

    英語を聞きまくって口に出そう!

    &nbsp
    では英語を流れるようにきれいに発音できるようになるには、何をすればよいのかというと英語の特有の発音を知り身に付ける必要があります。

    というのも、日本語と英語では存在する音としない音があるうえに、話す速度が上がるほど繋がったり欠落したりする音が出現するようになり、この他にもイントネーションや強弱の付け方も異なっています。

    そしてこれらを身に付けるには、英語音声を聞いては真似てを繰り返す事で、発音を覚えていくのです。

    そうする事で、いわば理屈でなく体で覚える事が出来るので、英語本来の発音をそのままそっくり、学んでいく事が出来るのです。

    完璧にシャドーイングできるレベルを目指そう!

    &nbsp
    と言ってもこの方法、どのくらい行えばよいのかつかみにくくある意味では、きりのない方法だとも言えます。

    そこで最終目標として、シャドーイングを難なく行えるくらいまで繰り返し、行っていくと良いでしょう。

    なぜなら、シャドーイングを難なくこなせる様になるには、音声の速さにもよりますが英語本来の発音やリズム感等が、身に付いて実現できなければ成しえない事だからです。

    具体的には、まず何も見ずにCDにより英語音声を聞き次に、テキストを見ながらもう一度聞きその後に、テキストなしで聞いていきます。

    ここまでを繰り返し発音を覚える事が出来たなら、テキストにより音読を繰り返し最後にシャドーイングしていきます。

    これらを通し、英語本来のアクセントや発音等を直接受け止める事ができかつ口の動かし方も練習できるので、正しく英語を発音できるようになるのです。

    英語を流暢に話し英会話を楽しもう!

    &nbsp
    正しい発音は特にネイティブ相手に英会話を行う場合、重要になってきます。

    というのもスペルによって、意味が変わってくるものがありそれは発音にも影響を及ぼすからです。

    また口語上特有の発音に慣れる事で、スムーズに英語を話せる様になりそれは外国人にとっては、慣れ親しんだ話し方ですので受け取りやすいものでもあり、英会話をより楽しみやすくさせます。

    なので、英語を聞いて声に出す事で英語本来の発話法を身に付ける事は、英会話を楽しむための重要な要素だと言えます。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆