DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

日本語をうまく媒介にして英語を聞き取れるようになろう!

    英会話力を養う方法のうち、英語を聞き流すものがあります。確かにこの場合、難しい理屈を抜きに直に英語に触れることが出来るため、一見効果的の様に感じられます。しかし、これが大人にも適しているかというと疑問の余地があるのです。
     

    ただ聞いているだけでは効果的とは言えない!

    &nbsp
    耳から英語を覚える場合、当然ながら聴覚的情報だけが頼りとなります。

    そして、英会話に限らず英語を習得するには、聞き取れかつ理解できなおかつ自らの力で英文を組む事が、出来る様になる必要があります。

    その為には、単語の意味や文中における単語同士の関係性を読み取れ理解できるようにならなければなりません。

    以下では、これらを補う英語を聞く学習法のポイントを紹介します。

    意味と発音をしっかり確認して取り組もう!

    &nbsp
    英語で表された内容をきちんと理解出来る様になるには、ある一つの単語に対しその発音と意味が、脳内で結びついている必要があります。

    これに加え、文中での単語同士の関係性や位置づけも、理解できなければなりません。

    これらの能力を、英語を聞く事で身に付けるためには、聞こえてくる英語の内容と単語の発音がきちんと聞き取れる必要があります。

    つまり、発音や意味を含み聞き取れない状態で聞き続けていては、いつまでも上達は見込めません。

    何故なら、単語の発音を知ることで無意識のその音を予測でき、単語の意味が理解できる事でその位置づけを、日本語を一時的に媒体として予測する事ができるからです。

    そしてその段階の先に、日本語を挟まず英語だけで内容が理解できるようになり、発音も単語同士がつながった音であっても、無意識下での予測によりスムーズに聞き取ることは可能となります。

    さてこれらを身に付けるための方法はというと、事前に聞く英文の内容をテキスト等で見て、わからない単語を調べ声に出す事で発音を確認しておくのです。

    つまり内容を予習することで、聞き取るための下地作りをしておき英語慣れする事に、集中出来る様になり、自然と言葉と意味と発音が1セットとして定着していきます。

    このセットがきちんと確立する事が出来た段階で、徐々に日本語という補助輪を外していく事が、可能となっていきます。

    日本語で適度に補助しながら聞く様にしよう!

    &nbsp
    初心者であれば尚更、最初からいきなり英語だけで内容を理解するのは難しいものですが、内容が理解できなければ残念ながら英語の上達を見込む事は出来ません。

    この事から、最初の頃は日本語を適宜利用する事できちんと内容を把握し、学習を進める事で徐々に日本語を外していくと、耳から英語を学ぶ場合でも効果的に進める事ができます。

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆