DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

日本語なしで英語を理解できるようになって英会話を楽しもう!

    私たちの多くは英語を読んだり書いたりするとき、一度日本語を挟んでから行います。この場合自分のペースで良ければ可能ですが、英会話など瞬間的な判断を必要とする場合には間に合いません。

    英語だけで理解出来るようになろう!

    英会話等といった瞬間的な判断を必要とする場合、日本語にしてからではとても間に合いません。

    この様な場合英語を母国語とする人々の様に、英語だけで理解し発現出来る様にならなければなりません。

    ではどのようにすれば、直接英語だけで行う事が出来る様になるのでしょうか。

    基本学習を繰り返すべし!

    まず単純ですが、基本的な学習を繰り返しましょう。

    英語を使い瞬間的に相手の言う事を理解し、自分で発言するにはある程度の、英語に関する知識が必要になるからです。

    語彙が分からなければ意味が分かりませんし、語順の決まりである文法を使いこなせなければ、単語のつながりや関係を飲み込む事もできません。そして相手の話すスピードを聴き取れなくては、それ以前の問題になってしまいます。

    これらをクリアするには、とにかく知っている語彙数や熟語数を増やし、英語の文法に慣れとにかく書き読む、こういった事が必要になってきます。

    つまり英語に関する知識を、出来るだけ自分の中に蓄積しそれを、自分で実際に使ってみるのです。

    この時になぜ書くのかというと、書く事で視覚情報としてとらえる事が出来る様になるからであり、五感をフル活用する事で記憶に残りやすくなるからです。

    これをひたすら繰り返すうちにいつの間にか、英語だけで理解している自分がいるはずです。

    またこれらを行う時に、たとえ日本語に訳すときでさえも英語の様な順番で訳すようにする事で、より英語だけで理解でき易くなります。

    即ちいつなんどきも学習上では、英語の文法を順守する様にするのです。

    例えばかの有名なWe can do it!であれば、「私たちは 出来る する事 それを」といった具合です。

    こうする事で、英語らしい捉え方や思考をする事が出来る様になっていきます。

    そしてそうして得たものを、繰り返し口に出す等して使う様にし、英語だけで話す感覚を養いましょう。

    こういった事を、根気よく行う事で徐々に英語だけで済むようになっていきます。

    出来る様になるまでに経る段階がある!

    以上の事を実践していると、なかなか日本語なしにならないではないかと思うかもしれません。

    しかしそれで焦ったり動揺したりする必要はありません。

    完全に英語だけで処理できるようになるまでには、三つの段階を踏む必要があるからです。

    その三つの段階とは、まず学習全般において日本語をワンクッションに、用いなくてはならない段階です。

    留学未経験の日本人の多くの方が、この段階だといえるでしょう。

    この段階を乗り越えると、単純で簡単である英文なら日本語を介さずに、意味を捉える事が出来る様になります。

    但し、完全に日本語という補助輪が外れたわけではなく、学習をするうえでは日本語を必要とします。

    そしてこの段階の先に待っているのが、完全に英語だけでイメージを捉える事が出来る段階で、この状態ならストレスなく英会話が可能となります。

    これらの進み具合には個人差がある為、焦らず根気よく学習を進める事が肝要といえるでしょう。

    文法規則を順守して日本語を補助輪として活用!

    日本語という補助輪なしで、外国人の様に英語を英語だけで扱う事が、出来る様になるためには、基本的であり地道な学習が効果的です。

    しかしそれらを進めるうちに、知らないうちに出来る様になっているはずです。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆