DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

日々の積み重ねは貯金する事と同等だと考えよう。

    英語学習は日々の積み重ね。努力を怠らない。地道な英語学習が大切。偶然や幸運は英語学習にはない。英語学習の時間は貯金する事と同じである。すき間の時間を活用する。少しの積み重ねが重要になる。

    どんな事でも同じですが、英語も急に上達する事はありません。

    当たり前の事ですが、日々の積み重ねの結果、英語が上達すると言う事になるのです。

    例えば、お金は宝くじやギャンブルで急に大金が手に入る事はあります。

    大金を拾って、お礼を受け取ると言う事も考えられます。

    ですが、英語ではこのような事は絶対にありません。

    スポーツや学業と同じように、毎日努力しなければ絶対に上達しないのです。

    ですから、すぐに英語が上手くなりたいと考えているような方は、根本的な考え方を変える必要があります。

    急に英語が上手くなるような画期的な方法があれば、誰も英語で苦労はしていません。

    そんな魔法のような方法があれば、大々的なニュースになっています。

    つまり、英語が上達したいのであれば、日々の努力を怠らない事と地道に学習を続ける事しかないのです。

    英語学習では、この事を肝に銘じておかなければいけません。

    ですから、「偶然にも英語が上達した」や「運良く英語を話せるようになった」と言う事もあり得ない事だと考えておきましょう。

    決して一発逆転を狙ってはいけません。

    決して幸運を求めてはいけません。

    英語学習では、日々の学習が積み重なって英語を形作ると言うイメージで、毎日の努力を怠ってはいけないのです。

    毎日少しずつでも良いので英語学習をしましょう。

    日々の努力が少しずつでも自分の中に積み重なっていくと考えて、毎日の学習を続けましょう。

    そうして、自分の中に必要な英語学習が積み重なった時、ようやく英語を話せるようになるのです。

    言うなれば、貯金をしているのに似ていると言えます。

    少しずつでも貯金していれば、ある時、その貯金は大金になっています。

    貯金が目標とする額になった時が、英語を話せるようになる時だと言うイメージです。

    例えば、今日は忙しかったので10分しか学習時間が確保できなかったとすれば、その日の貯金は10分と言う事になります。

    ですが、学習時間が取れなければ、貯金は0のままです。

    少しでも早く英語を話せるようになりたいのであれば、貯金するしか方法はないので、10分でも学習時間が確保できた方が良いのです。

    ですから、どんなに少しの時間だとしても、その時間を積み重ねる事が英語上達のためには大切なのです。

    つまり、もし学習時間を10分ではなく60分にできるのであれば、6倍早く英語が上達すると言う事になりますね。

    この事から分かるように、毎日学習時間が確保できる方が良いですし、1日分の学習時間を長くする方が英語上達は早くなります。

    ですが、上手く学習時間が取れるとは限りません。

    そこで重要なのが、すき間の時間です。

    このすき間の時間を上手く利用すれば、少しずつでも貯金する事は可能です。

    より早く英語が上達すると言う事です。

    英語学習では、学習した分だけ必ず身に付きます。

    つまり、貯金した学習時間は決して裏切らず、減ってしまう事もないのです。

    ですから、すき間の時間を上手く利用して、より早く英語上達に必要な学習時間を貯金できるように頑張りましょう。

    急に英語が話せるようになると言う事がないように、急に英語が話せなくなると言う事もありません。

    身に付いた英語は自分の能力なので、消えてなくなってしまう事はないのです。

    また、早く学習時間を貯金できるように努力した方だけが上達できるのですから、のんびりしている意味はありません。

    もっと利用できる「すき間の時間」はありませんか?

    その時間を英語学習の貯金にしませんか?

    貯金する事を意識していれば、時間の浪費をする事もありません。

    今日はこれだけ貯金できたと言うモチベーションにもなります。

    日々の積み重ねを大切にして、英語の学習時間を貯金していきましょう。

    この事を意識して、英語学習を続けましょう。

    さて、ここまでに「英語上達が早くなる」や「早く学習時間を貯金しよう」などと言いましたが、英語を早く上達させる事に意味があると思いますか?

    ここまでの話を総合的に見ると、英語学習の時間が一定量を超えると英語が話せるようになると言う事は分かってもらえたはずです。

    それならば、何も慌てて英語を身に付けなくても良いように思いませんか?

    後回しにしても、何とかなりそうですよね。

    ですが、そうではありません。

    英語を身に付ける努力を先にするか、それとも、別の事に時間を使うのかでは、同じように見えて大きく違います。

    もちろん、考え方の相違だと言われてしまえば仕方ないのかも知れませんが、英語を先に身に付ける事が良いと言う理由もあります。

    そこで、次回は英語学習に時間を使うか、それとも別の事に時間を使うかを考えてみましょう。

    物事に優先順位を付ける考え方なので、応用すれば、他の事にも使えると思いますよ。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆