DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆

教材選びを迷わない為に!比較するべき事が5つある!

    たとえ自己分析および目的の明確化そして、教材自体の質の吟味を済ませたとしても、教材の質が自分にとって同等であった場合、どちらが良いのか決めかねてしまいます。ここではそう言った場合に、再度比較すべき事柄について紹介します。

    5つのポイントに着目しよう!

    目の前に2つの教材候補が挙がったとし、どちらも自分にとって良さそうだとします。

    しかし、意識が分散してしまう事から両方買うわけにもいきません。

    では、どうしたら失敗せずに絞り込む事が出来るのでしょう。

    以下では項目別に、説明していきます。

    対象とするレベルが明記されているのか?

    現在存在する英語教材のほとんどは、対象とするレベル別に用意されています。

    何故なら、レベルによって押さえておくべき要点や学ぶべき項目が異なり、それをいっしょくたに学ぼうとすると後々、混乱してしまう原因となってしまうからです。

    よって、裏を返せば自分のレベルをしっかりと客観的に把握し、それに合う教材を選択する必要があります。

    その事から、対象レベルが明記されておりかつ、そのレベルが自分にとって適切かどうかを、きちんと把握および判断せねばなりません。

    対象とする分野を再確認しよう!

    英語といっても、目的により必要なスキルの組み合わせは違ってきます。

    英語教材も、それに合わせスキル別に特化されたものや英会話向け等といった、用途別になっている等がなされています。

    なので、自分の目標とする場面に合うスキルを身に着ける事が出来るかは、意外と重要な判断要素の一つといえ、絶対条件の一つとも言えます。

    この事から、必ず対象とされているスキルを確認するようにし、自分の目的と一致するかを確認しましょう。

    内容の量が自分にとって適切かを確認する

    いくら目的とレベルがあっていたとしても、量が多すぎてしまっては全部をこなしきれませんし、少なすぎても手ごたえを感じられずモチベーションも下がってしまいます。

    教材全てを使った前提で作成されているはずですから、使い切れない即ち自分とは合わないという事になります。

    なので、自分のライフサイクルも含め全部を使いきれかつ、ある程度充実感が味わえるような、程よい量の内容を選ぶ様にしましょう。

    無料体験で相性や続ける事が可能かを確認する

    いくら分析や比較をしたとしても、実際に触れ試す以上の事はありません。

    もし購入前に、試す事が出来るのであればぜひ試してみましょう。

    実際に使う事で見えてくる事もあります。

    例えば、思ったより難しいとか必要な解説が見当たらないといった、手にして初めてわかる不具合が生じるかもしれません。

    もしお試しが出来るのであれば、自分には理解できるレベルの解説かとか、長期間続けやすい構成となっているかそして、この教材であれば身に着ける事が出来そうかに着目し、手ごたえを確かめてみましょう。

    値段と中身が釣り合っているのか?

    ここまで来ても決めあぐねた場合、値段と内容が同等もしくはそれ以上かを検討します。

    以上の事柄を比較しても決められないのであればそれは、あなたにとってどちらも同じくらい良いものだという事だからです。

    それならばなるべくお得な方を選びたいですよね?

    内容と身に着けられるスキルや解説の濃さと、値段を比較しより内容の方が値段より上の方だと思う方を選択します。

    もし少し高くても、そちらの方が合うと感じられればそちらを選択したほうが良いでしょう。

    もちろん値段的に手が届くのであればですが。

    迷ったらより大切なところに着目しよう!

    教材選びにおいて、レベルや動機の明文化と言った自己分析やそれに基づく教材の吟味は、いずれも重要であり欠く事の出来ない要素です。

    しかしそれでも運よく自分に合う教材が複数見つける事が出来た場合、すべて使うわけにはいかないので絞り込む必要があります。

    そういった場合、教材が想定する対象レベルやスキルまたシチュエーションそして、教材の構成やその量が自分にとって続けられるものか、これらに重点を置き比較検討します。

    それでも決めかねるのなら、実際に試す事で確認し値段を比較する事で、よりよく教材選びをする事が出来ます。

     

       

      DEICHANメルマガに挑戦することにしました☆(*’ω’*)☆